科学誌「サイエンス」が選ぶ「残念ニュース」にSTAP騒動

印刷

   米科学誌「サイエンス」は2014年12月19日、今年1年で最も科学的な成果が上がったとする「ブレークスルー・オブ・ザ・イヤー」に、欧州宇宙機関の探査機「ロゼッタ」の彗星着陸が選ばれたとウェブサイト上で発表した。

   一方で、2014年の「残念ニュース」としては、エボラ出血熱の大流行を挙げた。さらに、理化学研究所の小保方晴子研究員(12月21日付で退職)による「STAP細胞」の発表とその後の論文取り下げなど、一連の騒動も選ばれた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中