朝日新聞、第三者委報告書受け会見 経営、原則として記事に介入せず

印刷
第三者委員会の報告書を受け会見する朝日新聞社の渡辺雅隆社長
第三者委員会の報告書を受け会見する朝日新聞社の渡辺雅隆社長

   朝日新聞社は2014年12月26日、従軍慰安婦問題をめぐる「吉田証言」の誤報に対して第三者委員会がまとめた最終報告に対する対応策を発表した。14年8月の検証記事で「おわび」が掲載されなかったことや、池上彰氏のコラム掲載見合わせに木村伊量(ただかず)前社長の意向が強く反映されていたことを反省し、経営陣は原則として記事や論説の内容に介入しないようにする。

   仮に経営に重大な影響を及ぼす事態だとして記事内容に関与する場合でも、その責任が明らかになるようにルールを整備したり、社外の有識者でつくる常設機関を設けて事前に意見を求めるなどする。

   誤報が出た際の訂正のあり方についても議論を進める。12月9日からは、訂正記事の末尾に「訂正しておわびします」という表現を盛り込み、必要に応じて誤報が出た理由も説明するように運用を変更している。

   都内のホテルで会見した渡辺雅隆社長は

「社会の役に立つメディアとして、再び信頼していただけるように、改革に取り組みます」

などと述べた。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中