タイの娼婦写真展「許可得ず撮影」が物議 東京都写真美術館「批判は真摯に受け止める」

印刷

   タイの娼婦たちを撮った写真展について、許可を得ずにゲリラ的に撮影したと写真家がインタビューで告白し、物議を醸している。写真を展示した東京都写真美術館では、そうした撮影手法は知らなかったとしたうえで、「ご批判は、真摯に受け止めたい」と言っている。

   大勢の娼婦たちが部屋で出番を待っていたり、裸の娼婦がベッドで横になっていたり。展示を紹介した美術サイトを見ると、こんな生々しい写真が並んでいた。

「娼婦たちはパニックになり、逃げ出した」

   これらの写真は、男性写真家(42)が撮ったもので、2007年12月22日から08年2月20日にかけて、「日本の新進作家」展の中で展示された。

   写真家は、ニュースサイト「タブロイド」の14年12月20日付インタビュー記事で、当時のことについて告白している。

   記事によると、05年ごろからタイの買春宿に通い、撮影を始めた。写真家は、撮影禁止とあちこちに表示された部屋にコンパクトカメラを持ち込み、フラッシュをたいて何枚も娼婦たちの写真を撮った。娼婦たちはパニック状態になり、逃げ出すなどすると、用心棒のような男性たちが走って来て「何やってんだお前?」と怒鳴った。しかし、写真家は、取り押さえられても、「バカな観光客のフリ」をし、とぼけていたという。タイのコーディネーターに最初は協力してもらったが、「こんなこと繰り返してると、ほんと殺される」と忠告された。

   写真家は、前出の美術サイトのインタビューでも、同様なことを話していた。

   タブロイドの記事については、ネット上で、その撮影手法に批判も出て、論議になった。東京都内でデリヘル嬢をしているというブロガーは、論議を知って、東京都写真美術館に25日付の質問状をメールで送ったことを明らかにした。

   そこでは、美術館側は写真家の撮影手法をどう考えるか、当時意見があったのならどう対応したか、日本の娼婦を許可なく撮影した作品も展示するのか、といった点を問いただしている。

「表現に正当な評価を」と擁護する声も

   このブロガーは、男性写真家の撮影手法は、倫理面で問題があり、女性の人権を侵害していると主張している。

   日本の風俗業界でも、デリヘルなど無店舗型が増えた結果、無断で時には無理やり写真を撮ったり録音したりする客が絶えないという。ブロガー自身も、複数回そうしたことをされたが、データを破棄してもらえず、「顔は撮ってねえよ」とすごまれたこともあったとした。

   撮影手法への批判について、当の写真家は、ツイッター上などで12月26日夕現在、何もコメントしていない。ただ、ロックバンド「くるり」リーダーの岸田繁さん(38)が12月25日のツイッターで「いちファンとして、彼の表現が正当な評価をされてほしいと思った」と発言したことをリツイートしていた。

   岸田さんは、「芸術を不必要に崇めるつもりは無いけど、理解しようという気持ちの無い人達による弾圧ほど醜いものはない」と写真家を擁護していた。ただ、ツイッター上で批判されると、「作品について、その倫理観には全く共感できません」と弁明していた。

   J-CASTニュースでは、写真家のホームページ上などから取材を申し込み、26日夕までには返答が来ていない。

   写真を展示した東京都写真美術館では、女性への人権侵害と批判が出ていることなどについて、次のように取材にコメントした。

「ご指摘の作品は、作家本人と企画者が合議の上、選定した約80点の中の数点にあたるものと思います。撮影禁止の店で撮影を行ったことは、作家本人から企画者が当時伺っておりました。この作品は、つねに現実と対峙して写真に取り組んできた作家の姿勢が如実に表れたものとして、展示に加えたものです。しかしながら今回のインタビュー記事にあるような撮影状況は知りませんでした。当時、これについて倫理上の懸念はありませんでした。しかし様々な観点をふまえ、今回のご批判については、真摯に受け止めたいと考えております。また、当時この展覧会に関して、お客様からの疑問を呈する声はいただいておりませんでした」

   今後、許可なく撮影した写真を展示するかについては、「展示する可能性のある作品が、倫理上問題があると認められる場合は、様々な事情に鑑み、また今回ご指摘をいただいたことにも留意しながら、最善の対応に努めていきたいと思います」とだけコメントしている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中