「出る限りは生で歌います」 中森明菜が断言、紅白制作陣が明かす

印刷

   病気で活動休止が続いていた中森明菜さん(49)が2014年12月31日のNHK紅白歌合戦で復帰することになった。NHKホールからではなくレコーディングを行っている米国から生中継で出演し、披露するのも往年のヒット曲ではなく、5年半ぶりの新曲「Rojo -Tierra-」(ロホ ティエラ)だ。

   12月29日から始まったリハーサルで、制作陣が一連の経緯を説明した。中森さんの復帰は体調がネックだとされてきた。そのため「VTR出演」説も指摘されてきたが、中森さんは「出る限りは生で歌います」と断言したという。「神経質な子」(和田アキ子さん)という評価もある中森さんだが、体調はかなり回復していることがうかがえる。

当初はNHKホールでの出演が検討された

   制作局エンターテインメント番組部の三溝敬志(さみぞ・たかし)部長が報道陣の取材に応じ、経緯を説明した。三溝氏は元々別の番組で中森さんと面識があり、毎年のように出演を打診してきたが、体調面の問題もあって断られ続けてきた。だが、14年8月から本格的に打診したところ、体調は「相当回復している」として出演が決まった。

   当初はNHKホールで出演する方向で交渉を進めていたが、三溝氏によると、

「彼女は彼女なりに、カバーや新曲のレコーディングをしているというスケジュールがあり、その中で僕らとどう寄り添えるか、協議を続けてきた」
「今出ていただくとすると、レコーディングをしている場所から出ていただくのが一番良いという結論に至った」

などとして米国から新曲を披露することが決まったという。

体調は「万全かはちょっと分からないが、相当回復されていると聞いている」

   体調については、三溝氏は

「万全かはちょっと分からないが、相当回復されていると聞いている」

と話す。体調面の「保険」としてVTR出演になるという説もささやかれたが、三溝氏は明確に否定した。

「正直申しますと、明菜さんについては、それはまったく思っていない。なぜならば、ご本人が『出る限りは生で歌います』と明言しており、僕らの方で『録画だったら出れますか』という交渉すらしていないし、『生で出れないんだったらナシなんだな、この話は』と思っていた」

   ただ、

「あの子は神経質な子だから...、私の知ってる時のね、今は知らないですけど」

   と心配するのは和田アキ子さん(64)。かつては中森さんを自宅に招いて食事するほどの仲だったといい、

「結構私と似てくよくよしたり気にしたりするから、万全は尽くすと思うけれど、やっぱりベストを尽くしてほしい。聴いてみたい、私も」

とエールを送っていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中