HKTに押され、SKEとNMBには危機感 松井珠理奈、ダジャレ封印で「来年も出場したい」

印刷

   AKB48グループは2014年のNHK紅白歌合戦に過去最多の4グループ出演を果たしたが、地方3グループの様子は対照的だ。福岡市を拠点にするHKT48は初出場を果たし、「『他のグループを押しのけてでも入れるくらいの情熱をもって挑もう』と決めていた」と鼻息が荒い。

   反面、名古屋のSKE48(3回目)と大阪のNMB48(2回目)は1枠にまとめられ、1グループあたりの出演時間はHKTの4分の3と大きく差をつけられた。SKEのエース、松井珠理奈さん(17)は得意のダジャレを封印してまで継続出演を誓っており、危機感は強い。

恒例ダジャレ「プレッシャーとか緊張とか色々あって、思いつきませんでした!」

SKE48とNMB48。12人で一度に記念撮影と囲み取材をこなした
SKE48とNMB48。12人で一度に記念撮影と囲み取材をこなした
「そうですね、今年はもう3年目なので、プレッシャーとか緊張とか色々あって、思いつきませんでした!」

   松井さんは2014年12月29日の囲み取材で、恒例のダジャレを求められてこう答え、報道陣を驚かせた。その直後に真意を説明し、15年紅白への出場を訴えた。

「あるんですけど...、ちょっと。来年もやっぱり出場させていただきたいな、って思っているので、今年考えたダジャレは来年言えたらいいなと思います!」

   SKEは2012年に初出場し、13年もSKEとして単独出場を果たしたが、14年は「SKE48・NMB48」と1つにまとめられた。囲み取材も両グループ合わせて12人が一度に登場した。

   SKE・NMBのリハーサルの様子は報道陣には公開されなかったが、取材によると、両グループに割り当てられた時間は約3分。14年のヒット曲「不器用太陽」「イビサガール」を1分30秒ずつ歌う。SKEが12年に初出場した時は「パレオはエメラルド」を2分30秒かけて披露している。14年は実に「4割減」になったことになる。

HKTは「『他のグループを押しのけてでも入れるくらいの情熱をもって挑もう』と決めていた」

初出場のHKT48。「メロンジュース」を約2分間にわたって披露する
初出場のHKT48。「メロンジュース」を約2分間にわたって披露する

   単独で初出場を果たしたHKTは、リハーサルで「メロンジュース」を、SKEよりも30秒長い約2分にわたって披露。指原莉乃さん(22)は12月29日の囲み取材で、

「私たちは紅白を言う(紅白に言及する)のも恐れ多いというか、目標にあげるのも恐れ多いとずっと思っていて、『目標は紅白です』と言ったことはなかった」

としながらも、他グループへの対抗意識ものぞかせた。

「実はメンバー同士で『次こそ...、こんな言い方はアレですけど、他のグループを押しのけてでも入れるくらいの情熱をもって挑もう』と決めていたので、選ばれてすごくうれしいです」

   地方勢ではHKTだけが単独出演することについても、指原さんは記者から「勝ち誇ったような感じですか?」と煽られたが、

「勝ち誇ってはないですよ!さすがに...、とか言って無難なこといってすいません」
「でも他のグループは2回目(編注:SKEは3回目)ということで、みんなが初出場の時のVTRを見て一生懸命勉強して、SKE、NMBから吸収して、初登場として頑張りたい」

と余裕のコメントだった。

   「本店」と呼ばれることもあるAKB48は、「心のプラカード」を約3分10秒にわたって歌う。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中