紅白・楽屋ロビー取材に異変 記者クラブ加盟社以外は締め出し?

印刷

   NHK紅白歌合戦恒例の楽屋ロビーからの中継が、2014年は様変わりすることになりそうだ。例年は殺風景だった壁には紅白のロゴ入りパネルと出演者の写真入りの応援ポスターが設置され、これまで記者が取材していたスペースには8K(スーパーハイビジョン)テレビが鎮座している。

   「演出の都合上、スペースが取れない」として取材できる記者の数が大幅に減った。

   床にはレッドカーペットに似せたのか、赤いプラスチックのシートのようなものが敷かれ、舞台まで続いている。過去には大物サプライズゲストが楽屋ロビーを通過してステージに直行したこともあり、「演出」の内容に注目が集まりそうだ。

リハーサル2日前に「取材できない」と連絡

楽屋ロビー中継は客席にも映し出される。吉高由里子さんが物まねをしている
楽屋ロビー中継は客席にも映し出される。吉高由里子さんが物まねをしている

   楽屋ロビーでは「珍事」が発生することもしばしばだ。例えば13年の紅白では、報道陣の目の前でふなっしーとくまモンが乱闘を繰り広げ、中継終了後、ふなっしーが関ジャニ∞のメンバーから「ルールの中で暴れろ!くまモンはルール守ってるだろ!」などと叱責されていた。

   例年であれば1社あたり記者2人が本番で楽屋ロビーの取材ができる。14年は、12月24日正午が取材申し込みの締め切りだった。ところが、NHK側は27日から28日にかけて、記者の携帯電話に対して、取材が難しくなったことを連絡してきた。取材できるのは、記者クラブ加盟社などごく一部に限られるようだ。

吉高由里子さんコロッケさんが物まね

   12月31日午前中のリハーサルでは、紅組司会の吉高由里子さん(26)がコロッケさん(54)と楽屋ロビーから物まねを披露するなどしたが、NHKが説明する「演出」の全貌は明らかではない。

   楽屋ロビーからの中継は、単なる「おまけ」に留まらず、番組全体で重要な役割を果たしたこともある。例えば09年の紅白では、番組進行中に突然、スタッフの「道を空けてくださーい!」という声が響いた。直後に矢沢永吉さん(65)が楽屋ロビーの報道陣の前を通過しながらステージに臨む「完全サプライズ出演」だった。

   14年もサプライズゲストが登場する可能性があるが、09年同様の演出では矢沢さんと「かぶる」ことになる。本番まで不明な部分も多い。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中