矢口真里がTVで悩み相談「この先どうしたら良いかわからない」 「だったら戻ってくんな!」ネットで逆風止まず

印刷

   タレントの矢口真里さん(31)がテレビ番組で「この先どうしたら良いかわからない」と悩みを打ち明けた。

   これまでの自分は明るく元気なタレントとして認識されていたが、そこに、浮気や不倫といったイメージが付いてしまった。今回の騒動で自分のキャラクターをどのように展開すればいいかわからなくなった、というのだ。

休業中は常に自分のネット情報をチェックしていた

「エロい」イメージを生かせるか(2008年4月編集部撮影)
「エロい」イメージを生かせるか(2008年4月編集部撮影)

   矢口さんが出演したのは2015年1月7日放送のフジテレビ系「ホンマでっか!?TV 人生相談4時間半SP!!」。復帰後の自分のキャラについてお笑い芸人の名倉潤さん(46)などに相談したところ、ナマハゲの格好をして作り物の包丁を持って「イケメンはいねぇか~!」と登場すれば面白いというアドバイスを受けたが、「ナマハゲの格好はできるけれど、親が悲しんでしまう」ということで諦めたなどと語った。

   スタジオでは矢口さんの今後について精神科医などの専門家が、悪女に徹したほうがいい、とか、不倫報道でエロいイメージが付いたからそれを生かしたほうがいい、などのアドバイスが送られた。矢口さんは、

「私は肉食系だということを隠さないようにする。好きになったら凄いんです。真っ直ぐに行っちゃうんです」

などと、タレントとしての新しい方向性を考えていたようだった。

   実は矢口さん、芸能界復帰には前向きではなかったようだ。1年半の休養で心身ともにリラックスできて趣味にも打ち込めた。このままでいいと思うようになっていたが、ネットに書かれている自分の情報を常にチェックしては萎縮する自分がいて、また街を歩く時も週刊誌などに狙われているのではないか、とカメラのレンズを恐れビクビクしていた。そのため、

「逃げているイメージを無くしてから、(芸能界を)辞めたほうがいい」

という結論になったのだという。

恋人はいるが「今は結婚願望はない」

   また番組では「今は結婚願望はない」と話した。同居していると噂されている恋人の男性については、悪い人物のように報道されていることを気にしていて、それを払拭するため両親など身内や友人に男性を紹介し、いかにいい人であるかをアピール中だとも話した。

   芸能界での再出発を進めている矢口さんだが、その風当たりはいまだ厳しいままだ。矢口さんがテレビに出演するたびに批判の声が挙がり、今回の出演でも、

「こいつウザすぎる。わからんくせに戻ってくんなよ。需要まったくないんだから」
「子供がいなくて本当に良かったな。不倫は悪。クズ過ぎる」
「こんな風に面白おかしく晒し者にされて世間が飽きるまでしゃぶりつくされるだけなら、 冷たく突き離された方が矢口さん的には良かったのかもしれないね」

などといったことが掲示板などに書き込まれている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中