「ようじ男」さらなる悪質動画を投稿 「三鷹市に住んでいた19歳」と自称、警察は逮捕状取る

印刷

   スーパーの商品にようじを突き刺したり、万引きしたりする動画をYouTubeに投稿していたとみられる「犯人」は2015年1月14日夜以降も新たな動画を投稿し続けている。

   相変わらず反省している様子はなく、悪質動画も2本公開した。

悪びれず「いっぱいやったほうが得」

スナック菓子を手に取り、蓋から1円玉を押し込んだ(画像はYouTube動画のスクリーンショット)
スナック菓子を手に取り、蓋から1円玉を押し込んだ(画像はYouTube動画のスクリーンショット)

   1月11日に投稿されたスナック菓子へのようじ混入動画がきっかけとなり、同じYouTubeアカウントで公開されていた悪質動画の数々が問題視されることとなった今回の騒動。いずれも撮影者の顔は映っていないが、声や撮影手法が似通っていることからすべて同一人物によるものとみられる。

   「犯人」はテレビで取り上げられるなどして騒ぎが大きくなると、14日未明に逃亡宣言し、同日昼ごろには逃亡先について悩む動画を投稿していた。その後アカウントはいったん停止されたが、間もなく復活。14日夜には新たな悪質動画を2本投稿した。

   1本目は、スーパーのスナック菓子に1円玉を入れる様子を映したもの。選んだのはようじ事件と同じ商品で、蓋から1円玉を押し込み元の棚に戻した。店を出た後には「いくらああいう悪い事やっても少年院に入っている期間はだいたい変わらないんですよ。そしたらいっぱいやったほうが得ですよねぇ」などと語っていた。

   2本目はスーパーからペットボトル飲料とチョコレートを万引きするというもの。振り袖姿の女性が複数映っていることから数日前に撮影したもののようだ。商品を手にしたまま店を出ると「まぁこんなかんじ、余裕ですわ」と簡単にできたことをアピールする。その後の語りでは自身も来年、新成人になると明かした。

「自分も立派な大人になれますかね、なれるとおもいます?あと1年で。もしこれが最後の万引きにしてさ、今から猛特訓、更生しちゃってさ、ま、そんなことはありえませんけれどもね、はぁーー!成人式、成人式...」

などと饒舌に語り、本当かどうかわからないが、自身の出身中学校名を出しながら昔を懐かしんだ。

「警察は無能」「バカ警察」と挑発

   「犯人」は過去に少年院に入っていたと説明しており、15日午前には「少年院の教育で更正出来なかった訳」というタイトルの動画を公開した。少年院では「更生する気がない、被害者に反省していない」という本心を語ると成績を下げられてしまうため嘘をつかざるを得ず、根本の問題が解決されないと力説。「成績制度がなかったらもしかしたら私は更生していたかもしれない。(中略)だから全責任は国にあり、私にはないんですよ。わかります?」と述べた。

   YouTubeのコメント欄には相変わらず「自首しろ」「早く捕まって欲しい」といった意見が目立つ。「犯人」は父親から「出頭してくれ」といった内容のメールが届いた際には「一瞬迷った」というが、「警察は無能」「バカ警察」「私は反省なんかしません」などと挑発的な発言を繰り返している。

   15日のNNNや産経新聞の報道によれば、警視庁は三鷹市に住む無職の少年(19)がようじ混入や万引きの動画に関与した疑いが強まったとして、窃盗容疑で逮捕状を取ったという。

   なお「犯人」は15日正午ごろの最新動画で「私、三鷹市に住んでいた19歳なんですけれども」と語っている。居場所については14日夜の動画で「神奈川県の某所にいる」とヒントを出していたが、最新動画は電車内で撮影されており、すでに移動した可能性もある。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中