直木賞西加奈子「プロレスからムチャクチャ勇気をもらっている」 レスラーやファン大感激「感謝の言葉が見つからない」

印刷
「プロレスから勇気をもらっている」

   第152回芥川賞・直木賞(平成26年度下半期)で直木三十五賞を受賞した西加奈子さん(37)が受賞記者会見でそう語ると、ネット上で現役プロレスラーやプロレスファンから歓喜の声が上がった。プロレスの存在を文学界という場所でアピールしてもらうことができた、という喜びからだ。

   プロレスは「K-1」など格闘技ブームの余波もあって衰退の一途を辿り、一時は存亡の危機とまで騒がれた。しかし、2012年ごろから盛り返し、「プロレス女子」といった新語も登場、新たなブームを迎えている。西さんのこうした発言がテレビや新聞で大きく取り上げられるのは、まさにプロレス復活の証拠、というのである。

小島聡も「プロレスに追い風が吹いていると実感」

さらなる追い風が吹いた?(画像は新日本プロレスリングのホームページ)
さらなる追い風が吹いた?(画像は新日本プロレスリングのホームページ)

   新日本プロレスの棚橋弘至選手(38)は2015年1月16日の朝、自身のツイッターでこう綴った。

「西さん、ありがとうございます。感謝の言葉が見つからないです」

   ツイッターには西さんの記者会見を放送しているテレビ画面の写真が掲載され、そこには、

「とにかくプロレスからは ムチャクチャ勇気を頂いています」

と話す西さんが映っていた。同じプロレスラーの小島聡選手も16日、

「直木賞の西加奈子さんの口から『プロレスから勇気をもらってます』と出てきて、驚きと喜び。プロレスに追い風が吹いていると実感」

と呟いた。両選手のファンも大喜びで、

「嬉しいですね。同じ想いのファンはたくさん居ます、もちろん私も。西さん、おめでとうございます!!」
「『おぉ~~!』ってなりました。 ホントにプロレス観戦が最大の活力源です」
「ちょっと変わってる子扱いされて20年(あ、もう子じゃないや) めげずに好きでいてよかった~」

などといった多くのリプライが寄せられた。

小説家としての自分とプロレスラーに共通する部分

   西さんは子供のころから大のプロレスファン。採用はされなかったが、大学卒業後、プロレス団体に就職できないかと各団体に履歴書を送ったほどなのだ。小説家デビューは「あおい」、関西大学法学部卒業後の2004年だった。20万部を越える家族小説「さくら」などのヒット作を持つ。

   西さんのインタビューを読むとプロレスの話題が出てくることが多く、プロレスラーを題材にした「ふくわらい」「こうふく あかの」といった小説もある。どうしてそんなにプロレスが好きなのか。純粋にプロレスが好きだというほかに、小説家としての自分とプロレスラーに共通する部分が多いからなのだという。両者ともにファンタジーな世界に生きていること。そして、

「選手がやじられたりしながら生きているのを見ているときの感動、そのかっこ良さ。ウチはその感動する感じを小説で書いている気がしますね」

などとインタビューで答えている。

「小説信じてやってきてよかったと言いたい」

   プロレスは一時存亡の危機とまで言われたが、ここ数年で大復活を遂げた。きっかけとなったのが12年1月に新日本プロレスがカードゲームなどを展開するブシロードGPの子会社になったことだ。プロレス復活を旗印にしたブシロードはテレビやCMにプロレスラーを出演させ、選手の写真を使ったカードゲームなどに露出を多くさせ、大会の広告も派手に打った。木谷高明社長(当時)は、

「選手のポテンシャルは高いし、潜在的なプロレスファンは多くいる。あとはいかに露出を増やしてその存在を知らしめるか。そうすれば自ずとプロレスは復活する」

などとJ-CASTニュースの取材に答えていた。今では新日本プロレスの試合はドーム会場が超満員となり、選手の入場曲がかかれば大声援が響く。若いファンやカップル客なども目立ち、時には半分以上が女性で、「プロレス女子」が会場を占拠する感さえある。

   人気は他の団体にも波及しプロレス界全体を牽引するまでになっている。西さんは受賞記者会見で、客が来なくなった新日本プロレスの時代を知っているだけに、現在の盛り上がりが嬉しいと語った。14年1月の東京ドームは満員となり、棚橋選手が「プロレス信じてやってきてよかったです」との発言が印象的だった。これを文学界に当てはめられないだろうかと話した。プロレスラーたちが必死になって頑張って過去の栄光を取り戻したように、今でもすごい作家たちが全力で小説を書いている。

「絶対にまた(文学や小説)は盛り上がる。いつか、(棚橋選手のように)小説信じてやってきてよかったです、って言いたいんです」

と力説していた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中