国際線「燃油サーチャージ」大幅引き下げ 円安でも黄金週間の海外旅行が増える?

印刷

   原油価格の値下がりが続くなか、航空会社では相次いで国際線の「燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)」を引き下げ始めた。

   日本にとっては、円安と免税品目拡大で増加する訪日外国人に対してさらなるアピール材料となるのか。一方、これで黄金週間(ゴールデンウィーク)の日本人海外旅行者が増える可能性もある。

金融危機による原油価格急落で「ゼロ」になったことも

訪日外国人の数は2014年、大きく伸びた
訪日外国人の数は2014年、大きく伸びた

   全日本空輸(ANA)が2014年12月17日に改定した、2015年2月1日以降の国際線路線の燃油サーチャージ金額を見ると、日本と北米や欧州、中東、オセアニアを結ぶ路線では片道当たり2万1000円から1万4000円と7000円安くなる。2014年4月1日から半年間適用された同路線の燃油サーチャージは2万5000円だったことを考えると、1万円以上の減額だ。日本航空(JAL)も2015年1月9日、ANAと同様に改定を発表した。

   燃油サーチャージは、シンガポール市場の航空燃油価格の過去一定期間における平均値をもとに決定される。ANAによると今回の改定は、2014年10~11月の2か月間の平均が1バレル当たり99.07ドルとなったため実施された。2014年12月5日のロイター通信記事によれば、平均価格が1バレル=60ドル未満となれば、燃油サーチャージはゼロになるそうだ。

   原油価格は2014年12月以降も下落を続けており、米ニューヨークの原油先物市場では2015年1月に入って1バレル=50ドルを割り込んだ。この傾向が続いて燃油サーチャージに反映されれば、本当にゼロになるかもしれない。ロイター通信によると、2009年7~9月発券分で実際に燃油サーチャージがなくなったことがあった。金融危機による影響で原油・商品価格が急落したのが原因だったが、この時は長続きしなかった。

   利用者にとっては歓迎すべき事態だろう。海外から日本に来る旅行者や海外在住の日本人にとっては、円安効果も加わって心理的にも「日本行き」のハードルが下がるかもしれない。

   シンガポール在住の日本人女性がJ-CASTニュースの取材に応じた。日本-シンガポール路線は今回の改定でANA、JALともに燃油サーチャージが片道4000円下がるが「この金額で『日本に帰ろう』とはなりません」と話した。半面、「休暇の際は近隣の国を旅行していますが、もし『ゼロ』になったら子どもを連れて一家そろって一時帰国、という気になるかもしれません」という。

   米ワシントン州在住の女性は、減額はもちろん「ありがたい」と話す。女性の友人は3人の子どもがおり、今回の措置は喜んでいると付け加えた。北米路線はひとり当たり往復1万4000円の引き下げとなる。人数が多ければそれだけ大きな効果を実感するはずだ。

ゴールデンウィーク期間の金額は2月以降に発表

   日本での買い物意欲が旺盛な中国からの観光客にとっては、燃油サーチャージが往復4000円下がり、円安に次いで「好材料」が増える。日本政府観光局が2014年12月17日に発表した、同年1~11月の訪日中国人の総数は約222万人と、昨年比で8割増。2015年も増加が期待できそうだ。

   逆に日本人の海外旅行は伸び悩んでいる。東京入国管理局成田空港支局が2015年1月8日に発表した、年末年始(2014年12月19日~2015年1月4日)の成田空港の日本人出入国者数は約69万7000人で、前シーズン比17.8%減と落ち込んだ。休日の並びがよく「9連休」となった人は多かったはずだが、この結果は円安による海外渡航見送りが要因のひとつとみられる。

   とはいえ、ゴールデンウィークや夏休みといった長期休暇になると、海外旅行は一定の需要があるのも確かだ。ANAは、2015年4月1日以降発券分に適用される燃油サーチャージは2月ごろに発表するという。例えば北米や欧州路線の場合、3月31日までの金額は往復2万8000円だが、さらに減額されて仮に「ゼロ」となればこの金額がまるごと財布に残る。今年のゴールデンウィークは「最短」でも5連休、平日にあたる5月7、8日の2日間を休めば9連休も可能だ。円安の「マイナス面」には目をつぶってでも外国に旅行しようと気分が高まるかもしれない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中