三船美佳が高橋ジョージと離婚提訴明かす 束縛嫌い、「自分の足で歩きたい」が原因だった?

印刷

   女優の三船美佳さん(32)とロック歌手の高橋ジョージさん(56)が離婚する見通しであるとスポニチがスクープし、24歳差のおしどり夫婦に何があったのかと話題になっている。

   三船美佳さんと高橋ジョージさんは、三船さんが16歳の誕生日になった1998年9月12日に電撃入籍し、高橋さんは40歳という年の差婚で注目を浴びた。俳優の故・三船敏郎さんの長女と大ヒット曲「ロード」で有名になったロックバンド「THE虎舞竜」のボーカルという取り合わせも、話題になった。

最近は、2人そろっての出演がなくなっていた

一体何があったのか...(写真は12年5月撮影)
一体何があったのか...(写真は12年5月撮影)

   結婚後は、バラエティ番組に2人で出演することも多く、そのたびに仲睦まじい夫婦生活を語っていた。2011年11月22日のいい夫婦の日には、パートナー・オブ・ザ・イヤーにも選ばれている。しかし、最近は、2人そろっての出演がなくなっていた。

   スポーツニッポンの1月16日付記事などによると、三船さんは、高橋さんが家にいるときは外出禁止にするなど束縛してくることから、気持ちが離れていった。これまでは高橋さんに頼っていたが、「自分の足で歩きたい」と思うようになり、13年末ごろから別居を始めた。

   東京都内の自宅には高橋さんが残り、三船さんは、自分の娘(10)と母親で女優の喜多川美佳さん(66)と大阪のウィークリーマンションで暮らすようになった。

   三船さんは14年3~4月ごろ、高橋さんと離婚調停をしていたが、高橋さんが「もう一度やり直したい」と言い出したために決裂した。これに対し、三船さんが、離婚を求めて高橋さんを提訴する事態になっているという。

   こうした報道に、ネット上では、「ちょっとビックリ」「すっげー仲良さそうだっただったじゃないか!」と驚きの声が上がるとともに、「まあ、これだけ年齢差あるし無理だよね」「若いほうに経済力があると続かないな」といった感想も漏れていた。

高橋ジョージはまだコメント出さず

   仲がよいとされた三船美佳さんと高橋ジョージさん夫婦だが、過去には、三船さんが「離婚」を考えたとこぼしたこともある。

   報道によると、2人は2008年9月7日にあったアメリカ映画「あぁ、結婚生活」の特別試写会に参加し、そこで三船さんが「離婚を1回考えました」と明かして会場が騒然となったのだ。それは結婚直後だったといい、その理由として「理想と自分の未熟さのギャップ」を挙げ、「主人のサポートで乗り越えられた」と告白していた。試写会に参加したのは、ちょうど結婚10周年を迎えたときだった。

   09年9月には、27歳の誕生日を迎える機会にスポーツ報知の取材を受け、結婚当時は自分が高校生で、「同年代の友達が渋谷、原宿で遊んでるのに、私はスーパーに買い物に行ってた」と戸惑いがあったことを吐露したこともあった。しかし、周囲からすぐ別れると見られて、「絶対に見返してやろう」と気持ちを高ぶらせていたという。子供も7~8人ほしいとして、「夢は大家族でバンドを組みたい」とも語っていた。

   とはいえ、今回離婚報道の事態にまでなったことは、24歳の年の差を乗り越えるのは難しかったのだろうか。

   三船さんは1月16日夕になってマスコミあてにコメントを発表し、報道の事実関係をほぼ認め、離婚と親権を求める裁判を起こしたことを明らかにした。関係者に心配と迷惑をかけたと謝罪したうえで、「今後も、子供の人生を第一に考えながら、仕事に邁進していく所存です」と結んでいる。

   ただ、高橋さんは、この日夕時点ではコメントを出していない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中