ジャパネットたかた社長の「普通の低い声」に衝撃走る 退任会見で「あんな声も出るんだ!?」とネット大注目

印刷

   通販大手「ジャパネットたかた」の高田明氏(66)が2015年1月15日、社長から退任した。16日には、長男の旭人(あきと)新社長(35)とともに会見に臨んだが、そこでの「声のトーン」がネット上でにわかに注目されている。

   甲高い声でおなじみだった「名物社長」の退任あいさつに、ネットユーザーは「あの声がなくなるのか...」と惜しむ一方で、会見時の声がいつもの調子とは異なる「普通」のものだったため、「たかた社長って普通の声出るんだ!?」といった驚きの声も出ている。

「月イチくらいずっと出続けて欲しい」

公式サイトもリニューアル
公式サイトもリニューアル

   高田氏は1月16日の会見で、「29年、もう本当に長かったと言えば長かったんですけれど、まあ『あっという間だな』という感じがいたします」「社長退任、まったく悔いなし」などと、1986年1月の創業から今日までを淡々と振り返った。

   この会見について、朝日新聞デジタルが「ジャパネットたかた社長が退任 低い声で『役目終えた』」の見出しで報じると、ネットユーザーは「低い声」の部分に反応。ツイッターでは「たかた社長本来は低い声なのね。聞いてみたい」「たかた社長って普通の声出るんだ!? 帰ったら動画探してみよ」といったつぶやきが出ている。

   会見映像を見るかぎり、高田氏は「低い声」というよりも、「落ち着いた口調」の印象だ。実は、14年7月の退任発表会見でも、同様の口調で話していた。また同社が東日本大震災直後、番組での売上全額を寄付金としたテレビショッピングを生放送した際も、落ち着いたトーンで進行している。シーンにあわせて、ハイテンションでの語り口と、今回のトーンを使い分けているというわけだ。

来週には「ようこそ先輩」に出演

   しかしながら、「ジャパネットたかた」といえば、時折裏返る甲高い「社長の声」が印象的だ。そのため「購買意欲をそそる音波だともっぱら噂のあの声がなくなるのか...」「『あの甲高い声の所』というイメージを新社長はどうやって埋めて行くのかな」などの声も出ている。

   高田氏は社長退任後も、1年程度はテレビ出演を続ける予定だ。「名調子」が聞けるのも、あとわずかとあって、ツイッターでは、

「あんまり観てなかったけど淋しくなるな...」
「たかた社長退任したのか... 一年後にテレビ出演も終えるとか寂しすぎる」
「社長職は退いたとして、体調に問題ないうちは月イチくらいずっと出続けて欲しい」

と惜しまれている。なお報道によると、高田氏は個人事務所「A and Live(アライブ)」を立ち上げ、ジャパネットのサポートを続けていくという。

   高田氏は、1月23日の「課外授業 ようこそ先輩」(NHK・Eテレ)に出演予定だ。「元通販会社社長」の肩書きで、小学校の後輩に「伝わるってなんだろう?」をテーマにした講演を行う。講演での「声」は、いつもの甲高いものなのか、それとも「落ち着いた」バージョンなのだろうか。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中