ソニーPS4中国での発売延期、当局が横やり? 好調ゲーム機テコに「巨大市場で復活」の目算が狂う

印刷

   ソニーが2014年1月11日に中国で予定していた据え置き型ゲーム機の「プレイステーション4(PS4)」、携帯型ゲーム機の「PSヴィータ」の発売を延期することを決めた。

   中国ではゲーム機やソフト発売に当局の許可が必要だが、延期に至った理由は明らかにしていない。

新たな発売日はいつになるか

やはり当局は認めなかったか...(画像はイメージ)
やはり当局は認めなかったか...(画像はイメージ)

   ソニーのゲーム子会社のソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)が発売直前の8日に「諸般の事情により11日に予定していた発売を延期する」と発表した。理由は「当局からの申し入れがあった。調整がつかなかった」とするだけで、新たな発売日も「1日も早く中国のユーザーの皆さまにお届けできるよう準備を進める」としているものの、現段階では固まっていない。

   中国では2000年から青少年への悪影響があるとしてゲーム機の製造、販売を禁止してきた。しかし、スマートフォンやタブレットでゲームを楽しむユーザーが増加していることなどから、2014年1月に上海の規制緩和のモデル地区への企業進出を条件に14年ぶりに解禁した。

   これを受け、米マイクロソフト(MS)が2014年9月から「XBox One」を3699元(約7万円)で発売。SCEも同12月、年明け1月にPS4を2899元(約5万5000円)、ヴィータを1299元(約2万5000円)で売り出すと発表し、現地企業と合弁企業を設立して準備を進めてきた。

   PS4は2013年11月から世界各国で順次発売され、今年1月4日時点で累計販売台数は1850万台を達成している。PS登場から20年以上が経過したが、シリーズでは過去最速ペースで普及している。実写と見間違えるほどの画像や高いネットワーク機能を備えるなどしており、競合機を寄せ付けないほどの人気を誇る。

ネットでは落胆の声

   今回の発売延期に対し、期待が大きかっただけに中国のネット上では落胆の声が上がっている。延期の理由は明白でないが、「審査の段階で何らかの問題が生じた」との見方が一般的だ。ただ、外国企業にとって当局の『検閲』は中国での事業リスクの中の一つでしかなく、XBoxで先行するMSも審査で問題が生じたためか、予定日から数日遅れの発売となった経緯がある。

   中国は家庭用ゲーム機を禁じてきたためオンラインゲームが主流であり、当局が許可したソフトしか流通しない可能性が大きく、家庭用ゲーム機の人気がどこまで高まるかは不透明だ。ただ、5億人ともいわれる中国のゲーム人口が「解禁によって拡大するのは確実」(業界関係者)とみられており、世界でヒットするPS4を待ち望むファンは少なくない。

   スマホ不振で今期も巨額赤字が予想されるソニーにとって好調なゲーム事業は貴重な収益源だ。中国という巨大市場でPS4が普及すれば、ゲーム以外に映画や音楽などを楽しむ端末としても利用できるため、コンテンツビジネス展開の可能性も高まる。ソニー復活の切り札と期待されるPS4だが、中国での発売見通しは立っていない。業績不振にあえぐソニーだけにユーザー以上に発売日がいつになるか気にかかるところだろう。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中