安倍首相が食べて叩かれた「高級カツカレー」 民主議員も同じものを、で起きた「勘違い騒動」 

印刷

   民主党の新代表が岡田克也代表代行に決まった2015年1月18日、インターネット上では「カツカレー」を巡るちょっとした騒動が起きていた。

   きっかけは、民主党の藤末健三議員が同日昼にツイッターに投稿した画像だった。

「同じもので安倍さん叩きませんでしたっけ」

高級カツカレーがまたもや話題に(画像は藤末議員ツイッターのスクリーンショット)
高級カツカレーがまたもや話題に(画像は藤末議員ツイッターのスクリーンショット)

   写っているのは、おいしそうなカツカレー。「民主党代表選挙、長妻昭陣営の決起集会。お昼は『勝つカレー』です」との説明があり、代表選に立候補した長妻昭元厚労相を応援するため「勝つ」のげんかつぎで食べたようだ。使用されている食器やソースポットからは高級感が漂う。

   すると、この投稿にツイッターユーザーらが目をつけた。安倍晋三首相の「カツカレー騒動」を思い起こしたためだ。2012年の自民党総裁選の際、安倍首相が決起集会の昼食で「高級カツカレー」を食べていたことが情報番組「ちちんぷいぷい」(毎日放送)に報じられ、話題となった。

   当時、首相が食べたのはホテルニューオータニ(東京都千代田区)のカツカレーだった。「ちちんぷいぷい」ではこの値段について「通常のカレーだけで3500円、カツを乗せると特別オーダーでもっと高くなるそうです」などと紹介。インターネット上の一部で「庶民感覚がない」などと批判が出ると、他メディアも騒ぎを報じた。

   今回の選挙も同じホテルで行われていて、画像を見る限り藤末議員が食べたカツカレーも同じものだ。そのことから藤末議員のツイッターには「高そうなカレーだね」「わぁ!おいしそうなカツカレーですね!!」といった皮肉めいたコメントが寄せられることに。加えて、

「これが『総理のカツカレー』を批判した方々のお昼ねぇ...」
「同じもので安倍さん叩きませんでしたっけ」
「かつて自分たちが何を批判したかも忘れたのか?(笑)」

といった声もあがり、これを一部まとめサイトなどが「ブーメラン」として取り上げ、ちょっとした騒ぎになった。

「民主党が批判した」とする根拠は見当たらず...

   だが「ブーメラン」という見方には疑問の声も多々出ている。安倍首相の「高級カツカレー」を批判していたのは一部ネットユーザーだ。話を大きくしたのも騒動を取り上げたスポーツ紙や情報番組など一部マスコミが中心で、民主党が批判していたという根拠はこれといって見当たらない。誤解に基づき批判している可能性が高そうだ。なお、一部まとめサイトはその後「勘違いだった」として訂正し、謝罪している。

   一方でネット上では、安倍首相の高級カレーを批判的に取り上げたマスコミの動きに注目が集まっているようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中