大韓航空「ナッツ姫」トンデモ行状が判明 従業員が正しいのに「逆ギレ」していた

印刷

   ナッツ・リターン事件を起こした大韓航空前副社長の趙顕娥(チョ・ヒョナ)被告(40)の行状が、起訴状などから分かってきた。それは、「逆ギレ」という表現がふさわしいものだった。

   事件は、最高刑が懲役10年と重い航空保安法違反(航空機航路変更)の罪に問えるかを巡って争われることになった。趙顕娥被告の初公判が2015年1月19日、韓国のソウル西部地裁で開かれ、趙被告側が飛行機を止めさせたとき「飛行機は運行中ではなかった」などと否認したからだ。

飛行機が滑走路に入っても、「直ちに止めろ!」

「ナッツ姫」の行状が判明
「ナッツ姫」の行状が判明

   ところが、検察側は、趙被告は明らかに運行中であることを認識していたと主張した。

   韓国メディアなどがこの検察側の主張を示す起訴状の内容を報じており、日本のテレビでも、それを再現する寸劇を流した。

   それらの情報を総合すると、趙被告は、離陸予定時刻の13分前に機内に入り、客室乗務員がナッツ類を袋のまま差し出して必要かどうか聞くと、「サービスの仕方は合っているのか?」と問い詰めた。

   乗務員が「マニュアル通りのサービスです」と言うと、趙被告は、すぐにサービスマニュアルを持って来るように指示した。乗務員から報告を受けた客室サービス総責任者がマニュアルを持って現れると、趙被告は、「さっきサービスしてた奴を連れて来なさい!」と叫んだ。乗務員が前に来ると、土下座したうえでマニュアルでナッツの提供方法を調べるよう促し、乗務員が指示に従うと、今度は、提供方法も知らないなら飛行機から降りさせろと責任者に命じた。

   そして、離陸予定時間になると、責任者が「飛行機は、すでに滑走路に入り始めていて止められません」というのにも構わず、「飛行機を直ちに止めろ!」などと繰り返した。これが、検察側が運航中であることを趙被告は認識していたと主張する根拠だった。

自分が勘違いしたのに、「全部お前のせいだ!」

   責任者から連絡を受けた機長は、すぐに飛行機を停止し、管制塔に許可を受けたうえで、ゲートに戻った。

   しかし、趙顕娥被告は、それでも収まらず、「あんたも土下座して、きちんと謝罪しろ」と責任者に求め、責任者もそれに応じた。その間、趙被告は、マニュアルで乗務員の頭を叩いたり、肩を押したりする暴行を加え、「お前、降りろ」と迫った。

   ところが、実際は、マニュアルは変更されており、ナッツを最初から皿に盛るのではなく、乗客の意向を確認してからになっていた。つまり、趙被告は、勘違いをしていたわけだ。

   騒ぎで駆け付けた副事務長がマニュアルのナッツ提供方法を示し、趙被告も、それを読んで勘違いであることを理解した。しかし、趙被告は、責任者に対し、考えられないような「逆ギレ」の言葉を吐いたというのだ。

「お前が最初からちゃんと答えないから、その乗務員を叱ってしまったじゃない! 全部お前のせいだ! お前の責任だから降りなさい」

   その後、責任者は副事務長に業務を引き継いで飛行機を降り、乗客247人が乗った飛行機は24分遅れでやっと離陸した。

   こうした経緯が明らかにされ、日本のネット上では、「ウソがばれちゃった、ってか!」「なおさら酷かった・・・」といった声が出て、騒ぎにうんざりしたような反応も出ていた。

   なお、趙被告側は初公判で、機内で乗務員に暴行したことを認め、「乗客や乗務員らに被害を与えたことについて痛烈に反省している」と述べた。しかし、責任者については、「不正確な記憶、あるいは意図的に誇張された証言をした」などと主張し、航空保安法違反の罪についても明確に否認した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中