発見した時、死後硬直状態... 台湾のネットカフェで3日間ゲームし続けた30代男性、いつのまにか死んでいた

印刷

   台湾・高雄のインターネットカフェで2015年1月8日午前10時ごろ、テーブルの上に突っ伏す男性を従業員が発見、搬送先の病院で死亡が確認された。複数メディアが報じている。

   男性は32歳で、死因は心臓発作だった。CNNが1月20日報じたところによると、正確な死亡時刻は不明だが、発見時には死後硬直が始まっていたという。失業中でインターネットカフェにしか行く場所のなかった男性は6日に来店し、3日間ゲームを続けたという。

   地元警察はCNNの取材に対し「寒さと長時間による過労が原因で心臓発作を引き起こした」と推測、店内に居合わせた客について「警察や救急隊が駆け付けても無関心な様子だった」と話している。

   台湾では1日にも、新北市のインターネットカフェで5日間ゲームを続けた38歳男性が死亡しているのが見つかっている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中