「産業ウォッチ」連載の長谷川洋三氏、死去 1月7日に絶筆掲載

印刷
日本外国特派員協会で舛添要一都知事に質問する長谷川洋三さん(2014年7月撮影)
日本外国特派員協会で舛添要一都知事に質問する長谷川洋三さん(2014年7月撮影)

   J-CASTニュースに「長谷川洋三の産業ウォッチ」を8年近く連載していた経済評論家の長谷川洋三氏が2015年1月20日午前9時13分、すい臓がんのため死去した。71歳だった。

   長谷川氏は慶應大学経済学部卒業後、日本経済新聞社に入社。産業部、ワルシャワ支局長兼ウィーン支局長、編集局長付編集委員などを歴任。帝京大や学習院大などでも教えた。『ゴーンさんの下で働きたいですか』、『レクサス トヨタの挑戦』、『クリーンカー・ウォーズ』など著書多数。ラジオNIKKEI「夢企業探訪」のメーンキャスターも務めていた。元日本外国特派員協会副会長。

   日経新聞時代から「蝶ネクタイの名物記者」として知られ、J-CASTでは07年2月から「長谷川洋三の産業ウォッチ」を連載していた。188回目となった最後の記事は1月7日掲載の「御手洗経団連名誉会長の強気:悪くではなくよいことを考えよう」だった。

   長谷川氏は年明けから喉に水も通らない状態だったが、1月6日に東京都内のホテルで開かれた財界3団体主催の賀詞交換会に出席、御手洗氏に今年の日本経済の見通しについて尋ね、そのやりとりを記事にした。

   その後、一段と体調が悪化して入院。やや回復した18日には、見舞いに来た長年の友人の手を握り締め「俺もよくやったよなあ」「明日のラジオには何としても出たい」とつぶやいていたという。

   告別式は31日午前10時30分から東京都港区赤坂1の14の3の霊南坂教会。喪主は兄、創一氏。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中