移籍はワールドシリーズ敗戦直後に決めていた 青木宣親はサンフランシスコで王者を目指す

印刷

   5億6000万円で契約――。青木宣親のサンフランシスコ・ジャイアンツ入りが決まった。

   今度は大都会の名門チームで、日系人も多く、さらにハッスルプレーが見られることだろう。

都会チームでのプレーにあこがれていた?

日本人にもなじみ深いサンフランシスコが次の舞台だ
日本人にもなじみ深いサンフランシスコが次の舞台だ
「ワールドチャンピオンになれるチームでプレーしたい」

   こう言っていた青木の夢がかなった。2015年1月16日に1年、470万ドルで合意。16年についてはジャイアンツがオプションを持つ。

   昨シーズン、青木はカンザスシティー・ロイヤルズの1番打者として活躍。ア・リーグ優勝に貢献し、ワールドシリーズではナ・リーグ優勝のジャイアンツと戦った。第7戦までもつれ込んだ末に敗れたものの、ロイヤルズ旋風を巻き起こした。

   青木はそのライバル球団に移ったというわけである。

   振り返ってみると、ワールドシリーズで負けた直後に、今度は世界一を狙えるチームでプレーしたい、と発言していた。すでにロイヤルズと残留交渉は決裂状態にあったのだろう。

   敗戦直後に移籍をほのめかすようなことは、日本球界では到底考えられない。青木はすっかり大リーガーになっていた、ということなのだろう。

   それと、これまで在籍したチームは、ミルウォーキーやカンザスシティーなど地方都市ばかり。ニューヨークで活躍する黒田博樹や田中将大、あるいはボストンで頑張る上原浩治ら都会チームでのプレーにあこがれていたのかもしれない。

今年もっとも注目される日本人打者

   ジャイアンツが青木の獲得に走ったのは、レギュラー外野手の1人がフリーエージェントで他球団に移ったからである。青木との契約が1月と遅かったのは、候補選手が数多くいたことを示している。

「青木はバットコントロールに優れ、三振が少ない。足も速く、守備もいい」

   これがジャイアンツの評価である。過去3年間の成績を見ると、まず感じるのは安定していること。3シーズンとも規定打席に達しているのは、いかにチームにとって必要だった選手であることを表している。

   438試合に出場、461安打、19本塁打、130打点、打率2割8分7厘。これが大リーグ通算成績。あまり注目されていないのが、左打ちながら左投手に強いことで、昨年は3割6分3厘とよく打った。常時出場の決め手となった。

   青木は今年、もっとも注目される日本人打者となるだろう。同じ外野手のイチローに代わる存在になるのは確実だ。川崎宗則はトロント・ブルージェイズと契約したものの、マイナー契約で年俸は低い。青木の時代である。

(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中