イオン、牛肉やワインの値下げセール 日豪EPA効果、円安を超えられるか

印刷

   日本とオーストラリアの経済連携協定(EPA)の発効を受け、関税が下がる豪州産牛肉を扱う小売り各社が値下げに動き出している。低迷を続ける消費を上向かせるきっかけにしたいという狙いが強そうだ。

   ただ、急速に進む円安などで輸入品の価格は上昇傾向にあり、日豪EPAの効果を消費増につなげるには課題も大きい。

豪州に直営牧場

オージービーフも安くなる!(画像はイメージ)
オージービーフも安くなる!(画像はイメージ)

   「日豪EPA発効 イオン直営牧場で育てたタスマニアビーフがお求めやすくなりました」――。流通大手のイオンは自社のメリットを大々的にアピールし、日豪EPAが発効した2015年1月15日から4日間にわたり、全国のイオンやダイエーなど計約1200店で豪州産牛肉などの値下げフェアに乗り出した。ステーキ用なら約10%の値下げだ。

   イオンは豪州に牛肉の直営牧場を持っており、「日豪EPA発効による関税引き下げ分を顧客に還元したい」とする。EPAが発効しても、関税が安い肉が入荷するには相当のタイムラグがあり、今回の値下げはパフォーマンスではあるが、今後も顧客への還元を十分行う、という姿勢をアピールした形だ。買い物客も「値下げ」のPRに引きつけられ、積極的に豪州産牛肉を求める姿が目立った。

   日豪EPAで最も注目が集まった牛肉関税は完全に撤廃とはならないものの、まず、冷蔵肉が38.5%から32.5%に、冷凍肉が30.5%にそれぞれ引き下げられる。さらに段階的に引き下げが進み、冷蔵肉は15年目に23.5%、冷凍肉は18年目に19.5%になる。

   段階的に引き下げが進むため、「今後、多くの小売店で牛肉値下げの動きが相次ぎ、値下げ機運は高まっていくだろう」(流通関係者)との見方は強い。小売業界は、昨年4月の消費増税を機にした消費低迷に苦しんでおり、「日豪EPAが、消費者の財布のひもが緩む契機になってほしい」(同)との期待を高めている。

すき家は値下げの予定なし

   イオンのフェアで、牛肉だけでなく、ワインも最大で約17%値下げした。ワインの関税は牛肉とは異なり、7年かけて完全に撤廃されることになっており、今後値下げの動きが消費増につながるとの期待は強い。

   ただ、状況はバラ色ではない。牛丼チェーン「すき家」を運営するゼンショーホールディングスは「値下げをする予定は今のところない」とするなど、値下げには慎重な姿勢を示す外食産業は少なくない。そもそも中国など新興国での需要拡大や牛を育てるための飼料不足などで、牛肉価格は世界的に高騰している。さらに日本の場合は為替市場で急速に進む円安が大きな問題だ。

   この1年ほどの豪州産牛肉の国内価格は、「前年比で数十%は上がっている」(流通関係者)ともいわれる。「いくら関税が下がっても、為替などで相殺されてしまえば値下げ余地はない」ということになる。小売り、外食各社は商品の国際価格動向や為替を慎重に見極めながら対応していかざるを得ないとようだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中