盗んだ「黄金の延べ棒」、実はレプリカ まぬけな泥棒は表示も見ていなかった

印刷

   山梨県の金山博物館に男が侵入、ショーケースのガラスを割って盗んだ。「黄金の延べ棒」のはずだったが...。

   ところが、実はレプリカ。被害額も2万円に満たなかった。博物館の職員は「割られたガラス代の方がかかるかも」と話している。

担当者「レプリカであることは明記している」

盗まれた「黄金の延べ棒」レプリカ(甲斐黄金村・湯之奥金山博物館提供)
盗まれた「黄金の延べ棒」レプリカ(甲斐黄金村・湯之奥金山博物館提供)

   事件は2015年2月2日14時5分ごろ、山梨県南巨摩郡身延町の「甲斐黄金村・湯之奥金山博物館」で起きた。

   県警によると、犯人は目だし帽をかぶった身長約170センチ、20~30代の男とみられる。博物館のエントランスそばに置いてあるショーケースのガラスを、工具のようなもので割って、金の延べ棒のレプリカ5枚を盗んだ。犯行後、男は山梨ナンバーの青の乗用車に乗って逃走。県警は強盗の疑いで行方を追っている。

   同館によると、当時館内に客はなく、職員3人がいた。けが人はなく、ほかの展示品などに被害はなかった。

   盗まれたレプリカは鉛製で表面に純金メッキがかけられている。同館の担当者は「ショーケースにレプリカであることは明記している。すぐに気付くと思うのだが...」という。普段は売店などで販売し、お土産などで人気だそうだ。1枚3800円で、被害額は1万9000円の計算だ。「割られたショーケースのガラス代のほうがかかるかも」と困った口ぶりだった。なお、同館内に本物の黄金品は置いていないという。

地元には「隠し金山」の伝承

   湯之奥金山は戦国大名・武田信玄の「隠し金山」の伝承があり、地元の人たちに親しまれてきた。見学のほか砂金採り体験ができるため、遠足などで小学生が訪れることも多い。担当者は「事件の時に子どものお客さんがいなくてよかった」としている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中