YouTuberマックスむらい、「とくダネ!」に激怒 インタビューが「動画投稿」批判のだしに使われた!

印刷

   人気YouTuberのマックスむらいさん(33)が2015年2月3日、同日放送の情報番組「とくダネ!」(フジテレビ系)の内容にツイッターで激怒している。

   番組では「動画投稿」をテーマとしたコーナーを放送、「飲食店に爆竹を投げ込む」「コンビニエンスストアのレジ前で販売しているおでんを勝手に食べる」などの過激な動画がまず紹介された。

「想像の斜め上からの隕石みたいな編集」

意図的な編集があった?(画像はイメージ)
意図的な編集があった?(画像はイメージ)

   むらいさんはスマホゲームなどのプレイ動画配信者という肩書きで登場。冒頭、投稿した動画で「舌打ち」したことに、予期せぬ批判が寄せられたことが紹介され、「(むらいさんは)ネットの怖さを身をもって経験した」と総括された。インタビューシーンに移った後は「(視聴者の指摘は)ハシの持ち方が違う、とか口にモノを入れて喋るな、とかそんなレベルですよ」と「とくダネ!」の取材に話していた。

   しかし、むらいさんのツイートを見る限り、わずか数秒を除いてインタビューシーンがカットされてしまったようなのだ。

   番組を見た知り合いから問い合わせ受けたというむらいさんは「私が取材をうけた際に一生懸命話した、インターネットにおけるマナーを守る大切さとか、動画配信する際に気をつけないといけない点など、一切使ってくれませんでしたね」「取材のメインというか本題が一切使われていない」と激怒し、「私自身が過激な動画を投稿している人、みたいな感じでの編集」「想像の斜め上からの隕石みたいな編集」と酷評した。

   あくまでも訴えたかったのは動画投稿のマナーで、「舌打ち」や「食事マナー」はそれらを紹介する際の具体例にすぎないという。

   取材を受けた理由も「動画を投稿する際にはちゃんとしようね、みたいな啓蒙も兼ねて貢献できれば、と思ったから」で、「とくダネ!」側も取材依頼の時点では自身の考え方に共感していたと明かす。

   しかし、コーナーでは動画の「過激さ」ばかりに焦点が当てられ、肝心の「マナー」についてほとんど言及されなかった。

   「動画配信者はすごくマジメに気を遣ってやっている」「過激な部分だけを見るのはよくない」などと番組出演者がフォローする場面もあったが、メーンキャスターの小倉智昭さんは「そんなにまで言われて動画を投稿するメリットがあるんですか?」「(動画投稿は)やっぱ楽しいんだろうね...」と呆れ気味に話した。

   むらいさんは「とくダネ!」側の編集姿勢に落胆、「テレビで流れた映像そのものが『過激な動画』」と厳しく指摘している。

シバター「テレビってそういうものやで」

   一方、一連のツイートの最後には、

「私はテレビが大好きです。YouTubeもニコニコもhuluも他のいろいろも全部大好きで、毎日何らか見てます。 映像ってのはほんと面白いです。 見る側としても作る側としても最高です。 見る理由も見る映像も人それぞれ様々かと思います。 楽しみましょう!」

と映像への熱い思いも綴っている。

   むらいさんのツイートは反響を呼び、

「これは怒っていいレベルですよ!あまりにも酷すぎる編集ですし!」
「これは怒ったほうがいいですよ」
「あれはひどすぎる」

と多くの人が共感を寄せた。

   だが、人気YouTuberのシバターさんは、

「むらちゃん、テレビってそういうものやで。なんでもかんでも自分の思い通りにはならんのやで^^」

と諌めている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中