「アギーレ解任」後は人気者を監督に ウルトラCで「キング・カズ」もある

印刷

   日本のサッカー界が八百長疑惑のかかる監督を解任したことで揺れている。任命責任は、後任監督は...と。

スペインの裁判所が告発を受理

任命責任はどうなるのか
任命責任はどうなるのか

   日本サッカー協会がハビエル・アギーレ監督に引導を渡したのは2015年2月3日のことである。

「(八百長疑惑が)受理されたことが確認された。監督契約を解除したい」

   大仁邦彌・日本サッカー協会会長はそう伝えると、アギーレ監督は観念した。

「そういうことなら、やむをえない」

   日本代表チーム監督に就任したのは2014年8月中旬。「素晴らしい国、素晴らしい選手の多い国での監督はうれしい」と語ってから、わずか半年でその座を追われた。

   きっかけは監督就任から1か月半後の9月下旬。

「2011年5月のスペイン1部リーグで、サラゴサ監督時代に八百長に絡む疑惑」

   スペインのメディアが報じたからで、期待の目は疑惑の目に変わった。八百長疑惑とは、1部リーグ残留をかけた試合を前に、相手チームに裏金で買収して勝った、というものである。

   解任を発表する前日、スペインの裁判所が告発を受理したことを確認し、日本サッカー協会が決断した。日本はちょうど、「イスラム国」の人質事件で大騒ぎになっていた時期だったのだが、一段落がついたときだけに、監督解任は大きく報道された。

協会内部での主導権争いに火が付いた?

   監督が辞めたからといって終わる簡単な事案ではない。なにしろ八百長疑惑である。それでなくとも「早く監督交代」の声がある中で、協会はそれを押しのけてアジア杯までアギーレ監督を支持していた。「それ、見たことか」と批判の声は一層高まった。

「アギーレを調査して監督にしたのか」
「任命責任はどうするんだ」
「後任は、どうする」

   まさに問題山積。協会は大きくなっており、内部での主導権争いに火が付いたとも聞く。権力闘争の側面もある、と関係者は言う。

   ワールドカップ出場を果たすための監督だから、選手にとっては重大である。年俸も高く、したがってだれでもいい、というわけにはいかない。監督解任は織り込み済みで後任監督の候補を持っていたのか。と見ていたのだが、そうでもないらしい。

   解任に当たっては、報酬の支払いで決着したとみていい。

   こういう不祥事の後は、人気者を監督に据えるという手がある。たとえば三浦知良だ。「キング・カズ」といわれるほどのスーパースターで、日本プロサッカーの功労者でもある。彼ならば一気に盛り上がり、アギーレ問題は雲の彼方だろう。

(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中