和歌山県の小5男児、胸を刺され死亡 犯人は逃走

印刷

   2015年2月5日16時すぎ、和歌山県紀の川市の住宅街で小学5年生の男子が何者かに刃物で胸を刺されて死亡した。目撃情報によれば犯人は身長が1メートル70センチくらいの男で、年齢が30歳前後、ジーパンをはき紺色の作業着のようなものを着ていたという。男は刃物を持ち逃走している可能性もあり、警察は殺人事件として捜査している。

   現場は小学生の自宅近くの住宅地で、学校からいったん自宅へ帰り外に出た後で襲われた。体には胸や頭に複数の傷があり、市内の病院に運ばれた後に死亡した。小学生は父と兄と3人暮らしで、15年1月に市内の別の小学校から転校してきたという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中