「嵐」相葉雅紀の実家レストランに応募が殺到 女性ファンが「嵐のメンバーと会えるのでは」と期待

印刷

   千葉県千葉市にある中華レストランが求人広告の折り込みチラシでアルバイトを募集したところ、女性を中心に応募が殺到した。一説には、1000人以にも上ったのだという。

   このレストランは「チャイナハウス 桂花楼」で、アイドルグループ「嵐」のメンバー相葉雅紀さん(32)の両親が経営していることで知られている。応募が殺到したのは、相葉さんや嵐のメンバーと会える機会があるのではないか、ということらしい。

休日だと3時間待ちで行列が100人以上にも膨らむ

「嵐の聖地」にファン殺到(画像は「チャイナハウス 桂花楼」のホームページより)
「嵐の聖地」にファン殺到(画像は「チャイナハウス 桂花楼」のホームページより)

   新聞に「チャイナハウス 桂花楼」の求人広告折り込みチラシが入っていいたのは2015年1月11日。洗い場スタッフとホールスタッフを募集していた。週2回から勤務が可能で時給は920円から。交通費全額支給でバイク、車通勤も可能。広告には8人のスタッフの写真が掲載され、

「30~50代の主婦さん多数活躍中。スタッフ同士の中の良さが当店の自慢。駅から徒歩5分で通勤もラクラクです!」

と書かれている。

   このチラシの写真が「嵐」のファンによってツイッターにアップされると、一気にネット上に拡散し、

「やばいw相葉亭のバイト出てるww」「超働きたいわ」「めっちゃ働きたい!!」「ですよねーーー 毎日」「相葉のお店でバイト出来たらもう幸せよね...」

などと大騒ぎになった。一方で、

「でもさ、30~50歳の人活躍中みたいに書いてあるからウチら世代取らなそう(笑)。もろ相葉目当てってばれる」
「ちょうど総武線沿いで探していたけど、動機が不純だからな~」

などと応募を躊躇するツイートも出た。

   レストランは「嵐」ファンの間では「嵐の聖地」などといった呼び方もされている。「嵐」がまだ売れなかった時代にメンバー5人がここに集まり食事をし、将来の活躍の夢を語っていたといった伝説のようなものがあり、「嵐」ファンにとって特別な場所なのだ。

   千葉市では有名な大繁盛店で、ランチメニューには毎日数十人もの人が並び、休日だと3時間待ちで行列が100人以上にもなるそうだ。30~50人収容でき、2人用、4人用テーブルのほかお座敷、円卓もある。

「1000人?そんなに多くの応募は来ていません」

   それではアルバイトにどれくらいの応募があったのだろうか。テレビのワイドショーなどでも話題にしていて、1月20日くらいまで100人の応募があったなどと伝えていた。15年2月5日付けの東京スポーツ電子版は「バイト募集にファン1000人以上殺到」と報じた。応募が殺到した理由について東スポは、親睦会が年に1度開催されるためバイトをしていれば、「嵐」のメンバー全員と会えると思った、などを挙げている。そしてアルバイトに採用されるのは3人ほどで現在は100人程度まで絞られている、と書いていた。

   ネットでも今回のアルバイト募集は話題になっていて、

「両親に気に入られて嫁にこいよ?を狙ってるバカが殺到したのかw」
「普通にきちんと働いてくれる人が来てくれるといいね ファンだとライブの日は休みます~とか 下手するとツアー中は全休します、になりかねないww」

といった見方が出ている。ただ、アルバイトに採用されてもそう簡単にできる仕事ではないようだ。とにかく忙しいらしく、ランチの仕事が一息ついたと思われる15年2月6日の午後3時過ぎに電話を掛けてみたが、なかなか店の人は出ず、ようやく出たと思ったら客がいっぱいで対応できない、ということだった。実はこのレストランはバイトの募集を度々行っていて、ネットの求人募集サイトの一つを見ると14年4月と11月にも募集広告を出していて、14年11月から僅か一か月後に今回の求人募集をしたことになる。従業員が休憩する2月6日の午後4時過ぎに再び電話し、担当者に1000人もの応募があったのか聞いた。

「そんなに多くの応募は来ていないと聞いています」

   では応募は何人なのか、どんな人が応募したのか、仕事は厳しいのか、などを聞こうとしたのだが、

「詳しい担当者は外出していて、いつ戻るかわかりません」

ということだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中