花粉症防御の新商品が続々 ジェルやミスト、スプレー式...

印刷

   くしゃみや鼻水、目のかゆみなど辛い症状に苦しまされる「花粉症」の季節が今年も到来した。2015年春は関東地方を中心に東日本の花粉量が前年に比べて「かなり多くなる」(環境省)と予想され、関係省庁が早々にマスクの着用などで予防に努めるよう呼び掛けている。薬品などのメーカー各社は花粉症対策の新商品PRに力を入れている。

   環境省などによると、今年のスギやヒノキの花粉は、東北や関東、東海、中国地方で例年より多く飛散する見込み。最も飛散量が多いのは茨城県で、水戸市では昨春の約11倍もの飛散が予想されるといい、同省は洗濯物を外に干さず、屋内干しするなど予防対策を強化するよう訴える。

鼻などに直接塗ったり吹きかけたりしてブロック

あの手この手で対策(画像はイメージ)
あの手この手で対策(画像はイメージ)

   各種団体や製薬企業が地域別の飛散予測をインターネットで公開する動きも活発化しており、協和発酵キリンはスマートフォン専用アプリによる「花粉予報」配信を既に1月から始めている。

   メーカー各社は技術を改良し、工夫を凝らした花粉症対策商品を続々投入している。最近目立っているのが、口や鼻を覆うマスクとは異なり、鼻などに直接塗ったり吹きかけたりして花粉をブロックするジェルやミストなどの「花粉防御剤」だ。マスクをする煩わしさから解放されるほか、女性は化粧崩れの心配がなくなるため、利用者は拡大。市場規模は既に30億円に上るという。

   今春もこの種の新製品やリニューアル品が増えている。アース製薬は「化粧水スプレー感覚で使用できる」という「アレルブロック 花粉ガードplusスプレー」を昨年末、発売した。静電気の発生を防ぐことで、花粉だけでなく、ウイルスや微小粒子状物質「PM2.5」をよせつけず、目や鼻、口への浸入を防ぐという。目や鼻の周りを直接ふくシートタイプも投入した。

資生堂がスプレー式の「イハダ アレルスクリーン」を発売

   資生堂も1月、スプレー式の「イハダ アレルスクリーン」を発売した。顔全体にスプレーすると、ミクロの霧が肌をコーティングし、花粉やPM2.5などをはじくという。「メークの上からでも使える」としており、女性の利用増を狙っている。エーザイのクリスタルヴェールシリーズも好評だ。

   花粉症は今や、日本人の5~6人に1人がかかっているとされ、「国民病」とも呼ばれている。国や都道府県は花粉症の原因となるスギの人工林伐採に補助金を支給するなど対策をとってはいるが、花粉症抑制にはなかなかつながらないのが現状だ。適切な情報を得たり、さまざまな商品を使い分けたりして、花粉症とうまくつきあっていくしかないともいえる。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中