ダイオウイカの「炙りスルメ」どんな味? 大試食会開催に「ワクワクする」の声

印刷

   富山県射水市の新湊漁港で2014年末から15年1月に水揚げされたダイオウイカの試食会が、15年2月22日午前10時から同市の観光施設「新湊きっときと市場」で開催される。

「ダイオウイカってまずいと聞いた気が」

美味しくない...のか?(画像はイメージ)
美味しくない...のか?(画像はイメージ)

   「新湊きっときと市場」のホームページによると、試食会では来場者に「スルメ」を無料で振る舞った後、ダイオウイカの生態などを解説する予定だ。

   水揚げされた4匹のダイオウイカは市内の水産加工会社「浜常食品工業」で「スルメ」に加工され、うち1つが「新湊きっときと市場」に2月2日まで展示されていた。

   ネットユーザーは、ダイオウイカの「味」に着目しているが、

「ダイオウイカってまずいと聞いた気が」
「食用には適さないと聞いていたんだが」
「ダイオウイカってクッソ不味いって言ってなかったか」

とその印象は芳しくない。本当に不味いのか。

   独立行政法人「海洋研究開発機構」の公式サイト上で、東京海洋大学客員教授でタレントの「さかなクン」さんが気になる味を解説している。

   浮力を得るため体内に蓄えたアンモニアの影響もあり、生のままだと「くさくてしょっぱい」「おいしくない」というが、「生ダコのように塩もみしてぬめりをとったあとに、日本酒を薄めた水に一晩つける方法」で下処理すると、アンモニア臭も抜け、「ものすっギョくおいしかった」のだとか。

「二度と作らない。笑」

   ダイオウイカの「スルメ」を作った「浜常食品工業」の濱力男社長も取材に対し、「あんまり美味しくない」と明かす。

   ダイオウイカの肉はただでさえ少ない上、塩分を多分に含んで水っぽく、アンモニア臭もある。念入りに加工した後でも「やっぱり美味しくない」という。

   「なぜスルメにしようと思ったのか」という問いには「遊びで作ったようなものだから」と前置きし、「富山湾産のスルメでは一番大きくなるし、面白いと思ったから」「乾燥させておけば生よりも保存がきいて、多くの人に見てもらえるから」と答えた。1匹は標本として保存、残りの3匹を試食会で「炙りスルメ」として振る舞う予定という。

   引き取った時に全長4メートル(胴1.8メートル 足2.2メートル)、重さ130キロあったダイオウイカは塩漬け、乾燥の工程を経て全長3.7メートル、重さ6.5キロに。それでも「1匹から300人分はとれるんじゃないか」と話す。

   合わせて10日間かかったという加工は「乾燥の温度がわからないから苦労した。上げすぎても腐っちゃうし、下げすぎてもなかなか乾かない。本当に手間がかかった」という。

   そして笑いながら記者にこう話した。

「二度と作らない。笑」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中