NHK東北Z(上)【福島・いわき発】

印刷

   放送から1週間。番組に刺激を受けて、ときどき、ネットで阿武隈高地の放射能関連情報を集めている(その話はあした)。


news_p227722_1.JPG

   1月16日夜、NHKの東北限定番組・東北Z「生命(いのち)に何が起きているのか――阿武隈山地・科学者たちの挑戦」(=写真)が放送された(「高地」ではなく「山地」にこだわる理由があるのだろう)。


   NHKは、通常のニュース報道のほかに、NHKスペシャル、ETV特集といった、ディレクターによる調査報道を手がけている。今度の<東北Z>のディレクターに記憶があった。震災直後、初めて阿武隈高地の放射能汚染を明らかにしたETV特集取材班のディレクターの1人だった。継続して取材をしていることに敬意を表するとともに、NHKの取材陣の層の厚さに感じ入った。


   番組の案内文をかみくだくと――。原発事故で放射能に汚染された阿武隈の森は、今、世界的に注目されるフィールドとなった。長期にわたる低線量被曝は生物にどんな影響を与えるのか。研究者が森に分け入り、細胞・遺伝子レベルでの影響の有無を調べている。住民とともに調査した3年間の記録だ。ウグイス・牛・ヤマメなどが取り上げられた。


   阿武隈はわが先祖の墳墓の地。調査に協力した飯舘村民が言う。「人生が狂った、春は山菜、夏は釣り、秋はキノコ......(それができなくなった)」「何の楽しみもなくなった」。自然の恵みを暮らしの中に取り入れて生きてきた山里の人々の胸中を思うと、怒りがわいてくる。


   浪江町の牧場では、牛を安楽死させたこともある。その牛も調査に供された。しかし、それでも5~10年、調査を続けないと評価はできないという。地道な調査の「現況報告」だった。


   阿武隈高地で生まれ育った人間としては、とにかく科学的・客観的なデータが欲しい。わかったこと、わからないことを踏まえて伝える番組に好感が持てた。

(タカじい)



タカじい
「出身は阿武隈高地、入身はいわき市」と思い定めているジャーナリスト。 ケツメイシの「ドライブ」と焼酎の「田苑」を愛し、江戸時代後期の俳諧研究と地ネギ(三春ネギ)のルーツ調べが趣味の団塊男です。週末には夏井川渓谷で家庭菜園と山菜・キノコ採りを楽しんでいます。
■ブログ http://iwakiland.blogspot.com/

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中