「ポルノ女優のくせに」とは言っていない ふかわりょう「中村うさぎ降板」の真相語る

印刷

   作家の中村うさぎさん(56)がTOKYO MXテレビの人気情報番組「5時に夢中!」を降板した問題で、司会のふかわりょうさん(40)が自身のブログで「真相」を打ち明けた。

   問題となった「ポルノ女優のくせに」という発言を中村さんはしていないし、美保純さん(54)も「ポルノ女優のくせに、と侮辱された」などと陰口はしていない、というのだ。

「だれも言っていない言葉が一人歩きしていきます」

言葉が一人歩き...?(画像は中村うさぎさんの公式サイト)
言葉が一人歩き...?(画像は中村うさぎさんの公式サイト)

   ふかわさんは2015年2月11日の夜に、

「誤解されている方が多いようなので、この場を借りてご説明します」

とし、中村さんと美保さん、MXテレビでの三者の間で起こった騒動について説明した。「ポルノ女優のくせに」と美保さんが言われたということになっているが、美保さんがスタッフに言ったのは、

「話を遮られることや、すべてを下ネタに持って行かれることに、違和感を覚えている」

ということ。陰口でもなんでもない出演者としての一般的な相談だった。これはかなり昔の話で、中村さんには伝えなかったが、スタッフが美保さんの不快感を軽減するように配慮したため番組はうまく回っていた。

   ところが事態は急変する。みんなが気持ち良い状態で番組10周年を迎えたいと考えたプロデューサーが、美保さんが中村さんに抱いていた違和感を伝えに行った。プロデューサーが注意として「話を遮ること」「下ネタに結び付けること」を挙げたが、なぜか「ポルノ女優のくせに」という言葉が入り中村さんを刺激してしまったのだという。

「『ポルノ女優のくせにって言われたことを、プロデューサーに陰口していた』そんなこと、美保さんは言っていないのに。うさぎさんも言っていない。だれも言っていない言葉が一人歩きしていきます」

   どうして「ポルノ女優のくせに」という言葉がまぎれこんだのかについては、伝言ゲームのようになってしまったのか、それとも、プロデューサーのアドリブでしょうか、とふかわさんは書いている。

   プロデューサーが器用に対応していれば、中村さんが我慢して大人の対応を取れば、騒ぎは起こらなかったかもしれないが、器用な世渡り上手でない人間がやっている「5時に夢中!」だからこそ人気番組になった、などと説明した。

   一番気の毒なのは美保さんで、誤解され、ブログを炎上させられても言い訳をしなかった。彼女は番組を守ろうという考えがあって、ことを荒立てたくない、周囲に迷惑をかけたくないと頑張ったが、沈黙を貫けば貫くほど悪者にされていったとも説明した。

   ただ、全ては番組サイドの不手際だったという、ふかわさんの説明が本当なのかどうかは今のところ判明していない。

今後はテレビ出演を一切辞めて「文章の世界に戻る」

   今回の騒動は、中村さんがブログで美保さんとスタッフに対する批判を繰り返したことで大きくなったわけだが、2015年1月30日付けのブログでは、「ポルノ女優なんか女優として認めない」などということは一切言っていないし、自分が言うはずもない言葉だ、と釈明した。そのうえで、一番頭に来るのは美保さんの言葉を信じて自分に謝罪するように求めたスタッフで、それに絶望し番組にはもう出ないことに決めた、と書いた。

   2月6日付けのブログでは美保さんのブログが炎上し「申し訳ない気持ち」になったが、だからといって美保さんの言い分を受け容れる事はできないとした。

   また、

「直接本人に言わずにスタッフに訴えて、結果的に外堀から責めるような形になってごめんね」

という謝罪の言葉が欲しいのは自分であり、スタッフも「うさぎさんの言い分は何かありますか?」と問いただして欲しかった、などと綴っていた。15年2月11日の生放送では中村さんがビデオで出演し降板の理由を語った。プロデューサーから美保さんに謝るように言われたが、自分がどんな暴言を吐いたのか覚えておらず、内容を聞いたが自分にとっては暴言などではないと思った。ただし、誤解されるような言い回しをしたかもしれない自分にも非があり、

「文章を書く私としては、自分の言葉に100%責任を持ちたいからTVというメディア自体が私には向いていない」

とし、今後はテレビ出演を辞め「文章の世界に戻る」と宣言した。気が変わったらまた「5時に夢中!」に出演する、とも語った。

   美保さんはビデオが流れている最中も終わった後も無言のままで、悲しそうな目をしていた。今回の騒動は中村VS美保の大喧嘩だととらえられる向きもあるが、美保さん自身元ポルノ女優だということを隠しているとか、引け目に思っていることはないようだ。美保さんの所属する芸能事務所、ノックアウトのプロフィール欄を見ても、「にっかつロマンポルノ『制服・処女のいたみ』でデビュー」と明記されているし、「ピンクのカーテン」といった大ヒットシリーズのロマンポルノ作品も紹介されている。ノックアウトに、今回の騒動について聞いてみたのだが、

「お話しできることは何もありません」

ということだった。MXテレビにふかわさんの書いたブログは真実なのか問い合わせたが、

「11日のオンエアが番組としては全てです。あの放送で一区切りがついたと思っております」

という答えしか返ってこなかった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中