アイスからカビ検出、事実伝えずに回収 大阪の業務用デザート販売会社

印刷

   業務用デザートなどを製造販売する「アンジュ・ド・バージュ」(大阪市福島区)は、販売したアイスクリームからカビが検出されていたにもかかわらず、事実を伏せて回収していた。同社は2015年2月14日までに公式サイトに謝罪文を掲載した。

   検出されたのは「まるごと苺アイス」で、全国の飲食店など約800店に約38万個を販売。回収できたのは約7万個で、同社は販売先に異物が混入したと伝えていた。健康被害の連絡はないという。

   同社は昨年9月にも別の商品でカビが検出され、回収していた。公式サイトでは「説明が不十分な事もあり、お客様には非常に不安感を与えてしまいました事を深くお詫び申し上げます」などとしている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中