「大家族」番組、「お腹にタオル」で妊娠演出 TBSが謝罪

印刷

   「大家族」のドキュメンタリー番組で不適切な演出があったとして、TBSは2015年2月14日、別番組と番組公式サイトで謝罪した。

   この番組は、1月28日に放送された「水トク!激闘大家族スペシャル 17歳で産んだ我が娘が17歳でまさかの妊娠...」。TBSによると、妊娠中の長女がバイクで出かけ、母親からたしなめられるシーンは、制作会社が母親らに依頼して、長女が出産後にお腹にタオルなどを入れて撮影した。また、祖父が一家を連れてスーパーで希望の食料品などを買ってあげるというシーンは、店の撮影許可が下りなかったため、制作会社が一家に依頼して過去に行った別の店で撮影し、番組側が費用を負担した。

   TBSでは、「いずれも、本来はテロップ表記などで『再現』であることを明らかにすべきでしたが、これをせずに放送しました」として、チェック体制の不備を謝罪している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中