京都・大阪で麺製品に縫い針混入相次ぐ

印刷

   大阪や京都にある百貨店やスーパーで販売したうどん製品一部に、縫い針が混入していたという報告が相次いでいる。いずれも製麺会社「薬師庵」(京都市)のもの。

   高島屋京都店(京都市)は2015年2月14日、地下1階食料品売場で販売した生麺パックうどんに縫い針が混入していた可能性があると発表した。所轄の保健センターと警察に届け出た上、原因の調査にあたっているという。縫い針の長さは3.2~3.7センチ前後。

   スーパー「成城石井」の梅田店(大阪市)も15年2月15日、販売した鍋焼きうどんに縫い針が混入したと発表している。

   これ以外にも2月8日には藤井大丸(京都市)、10日には大丸京都店(同)で売られた薬師庵製の麺類からも針が見つかっている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中