韓国イケアで「鉛筆」を大量に持ち帰る客続出? 「国の恥さらし」などと議論盛り上がる

印刷

   スウェーデンの大手家具チェーン「イケア」の韓国1号店で、店内で使用するために用意されている「鉛筆」を買い物客が大量に持ち帰っていると、2015年2月10日ごろから複数の韓国メディアが報じている。

   韓国国内では、「国の恥さらし」などとこの行為を問題視する人も増え、議論が活発になっている。

「20~30本をバッグに入れる客を見た」

イケア店内にある鉛筆が「大人気」?
イケア店内にある鉛筆が「大人気」?

   韓国1号店「イケア光明店」は2014年12月中旬にオープンした。売り場面積5万9000平方メートルの大型店舗だ。初日には客が殺到して長蛇の列ができ、2か月経った現在も相変わらず賑わいをみせている。

   そうした中、一部客による「度の過ぎた行為」を複数の韓国メディアが報じている。イケア各店では客が商品を見ながら買い物リストにメモできるようミニ鉛筆を用意しているのだが、これを大量に持ち帰る人が続出しているというのだ。15年2月10日付の毎日経済新聞は「20~30本をバッグに入れる客を見た」などの目撃情報を伝えるとともに、韓国店がスウェーデン本社に鉛筆の発注をかけたことを報じた。

   そもそも鉛筆は持ち帰っていいものなのか。イケア・ジャパンの広報担当者によれば「店内で使用した鉛筆を持ち帰っても特に問題はありません」とのことで、各国共通のルールだという。店舗によっては返却ボックスを用意している場合もあるが、持ち帰りたければ返す必要はないそうだ。だが、いくら「持ち帰りOK」だとしても、「大量に」となれば話は別だろう。ちなみに「日本ではそうした問題は起きていません」という。

   さらに韓国では、持ち帰った鉛筆を中古品売買サイトで売りに出した人物のことも話題になっている。2月15日付の朝鮮日報電子版によれば、この人物は「5回も使っていません。状態は良好。北欧の感性が感じられる鉛筆、売ります」との文句とともに1本3000ウォン(約325円)で販売したそうだ。

   これらの報道に加え、SNSでは「通常の国の2年分に匹敵する在庫が3か月経たずしてなくなった」「韓国店では鉛筆を置くのを取りやめた」といった噂も流れた。そうしたことから韓国国内では「国の恥さらし」「市民意識の低さに驚く」などと批判の声が多々上がり、持ち帰った客らを激しく非難する意見も飛び交っている。

軽食コーナーで「タマネギを詰めまくる」客も

   もっとも、SNSで拡散した噂については否定する報道も出ている。また「持ち帰って売った」という例も韓国に限った話ではなく、たとえばオークションサイト「eBay」を見ればアメリカやギリシャからも出品がある(2月16日時点)。

   それでも、今回の騒動に関する議論は依然続いている。韓国における「大量持ち帰り」が問題になったのは、今回に限った話ではなく、議論が盛り上がる素地があったようだ。

   朝鮮日報電子版(2月15日)によれば、同様の事例は倉庫型ディスカウントストア「コストコ」店舗の軽食コーナーでも見られた。ホットドッグ用のタマネギが好きなだけ使用できることから、ビニールパックや密閉容器を持ってきて大量に持ち帰る客がいて、今回と同様に批判を浴びているそうだ。韓国のツイッターでも、同種の目撃情報が寄せられている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中