日本生命と第一生命が「りそな」を綱引き 「安定株主化」で得をするのは...

印刷

   日本生命保険と第一生命保険が、りそなホールディングスを舞台に生命保険業界の首位争いを繰り広げている。両生保がそれぞれ、個人向け分野に強いりそなへ出資して関係を強化し、銀行窓口での保険商品販売を強化しようとしているのだ。2014年度上期の業界首位を日本生命から奪取した第一生命が地歩を固めるのか。戦いはますますヒートアップしている。

   第一生命は2014年9月中間決算の保険料等収入(売上高に相当)が約2.6兆円となり、日本生命(約2.5兆円)を戦後初めて抜いた。急激な業績アップの理由は、超低金利の中、銀行窓口で販売する比較的運用利回りの高い保険商品の売り上げが急伸したことだ。

日本生命の保険商品の販売を増やせると判断

「りそな」はどちらへ...(画像はりそなホールディングスのホームページ)
「りそな」はどちらへ...(画像はりそなホールディングスのホームページ)

   大手生保は従来、営業職員を通じて保険商品を販売してきたが、第一生命は銀行窓口での販売を手がける子会社、第一フロンティア生命を設立し、営業職員以外の販売チャネルを強化している。一方、日本生命は今も大半が営業職員を通じた販売だ。この差が弱点となり、日本生命は2014年度の年間を通した保険料等収入でも業界首位の座が危うくなっている。

   そこで日本生命が目をつけたのは、個人向け分野に注力し、保険販売も強いりそなとの関係強化だった。関係者によると、日本生命は現在、りそな株を運用のためにわずかに保有しているだけだが、りそなが持つ約800億円分の自社株のうち、数百億円分を買い取り、大株主に躍り出るという。「メガバンクは系列の保険会社の商品を多く販売する傾向がある」(大手行幹部)が、りそなは特定の系列色がないこともあり、出資によって関係を強化することで、日本生命の保険商品の販売を増やせると判断したとみられる。出資後は、りそなの窓口だけで販売する貯蓄型商品などを開発し、銀行窓口販売をテコ入れする狙いだ。

第一生命はりそなへの出資比率を引き上げることを決断

   ところが、りそなはもともと第一生命との関係が深く、第一生命は今でも、りそな株2.37%を持つ大株主。りそなの窓口で第一生命の専用商品を販売するなど、業務提携も締結している。そこへ割り込んで来る形の日本生命を、第一生命が黙って見ているわけがなかった。第一生命はりそなへの出資比率を引き上げることを決断。りそな保有の自社株約800億円の過半を引き受ける方向で調整しており、「日本生命より出資比率は当然、高くなる。りそなの筆頭株主になる可能性もある」(第一生命幹部)という。りそなとの関係において、日本生命には一歩も譲らない構えを見せており、日本生命がりそなへの出資で銀行窓口販売を大きく伸ばし、年間首位を守れるかどうかは見通せない。

   りそなにとっては、両生保を「うまく」使うことはメリットが大きい。今夏にも残る公的資金を完済する方針で、両生保の自社株引き受けにより、国に代わる安定株主を確保できる。両生保がりそな向け専用商品の開発を競うことで、顧客に魅力的な商品を提供できるメリットもある。両生保が舞台をりそなに広げて激突する中、業界では「今回の出資で最も得をするのはりそな」(関係者)との声が出ている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中