岡田准一、映画ロケでエベレストへ 6000メートルの撮影に「不可抗力」のリスクが

印刷

   タレントの岡田准一さん(34)らが映画ロケでエベレストに登り、高度6000メートル付近で撮影すると発表された。比較的安全な場所で行う模様だが、それでも過酷な環境というだけに、ファンからは心配する声も漏れている。

   エベレスト(標高8848メートル)と言えば、2014年4月に過去最悪の雪崩事故が起き、山岳ガイドら18人が亡くなる大惨事になった。その影響を受けて、タレントのイモトアヤコさん(29)やなすびさん(39)が登頂を断念するまでになっている。

6000メートル付近は、酸素が平地の半分に低下

映画の公式サイト
映画の公式サイト

   16年公開予定の映画「エヴェレスト 神々の山嶺(いただき)」では、ロケで登頂まではしないものの、高度5350メートルのベースキャンプで寝泊まりしながら、さらに上を目指す。主演の岡田准一さんのほか、映画で共演する阿部寛さん(50)、尾野真千子さん(33)も現地入りし、登山シーズンに当たる15年3月に10日間ほどかけて撮影を行う予定だという。

   ロケには、スタッフ約40人のほか、現地のシェルパ、ポーターら約80人も加わる。日本山岳協会副会長の八木原圀明さんがアドバイザーとして同行し、医師も付き添うという。エベレストへは、ネパール側から入山し、ポピュラーな南東稜ルートを選んで「エベレスト街道」を10日間ほどかけて登る。

   ただ、6000メートル付近は、酸素が平地の半分ほどに低下するほどの過酷な環境だといい、岡田さんらは、低酸素室などでもトレーニングをして登山に備えるそうだ。岡田さんは、発表会見で「過酷な撮影を楽しみ、しっかり体験していきたい」と決意を新たにしていた。

   これに対し、ネット上では、映画への期待の声が上がっているものの、万が一のことはないかと懸念する向きも多い。

   「テレビとは言え無茶しすぎじゃないか?」「素人が登る山じゃない気がするんだがな~」「正直かなり心配です...」

危険な場所は避けるものの、不可抗力のリスクも

   実際、過去最悪の雪崩事故を受けて、ネパール政府は2月18日に登山ルートを変更すると発表し、今後は、氷の滝のようなアイスフォールの中央部を通らなければならない。ここは雪崩の危険は少なくなるものの、クレバスなどがあって技術的に登山が難しくなるという。

   ベースキャンプから6000メートルぐらいまで登ると、こうしたアイスフォールに遭遇する可能性が出てくるのだ。

   映画のロケでは、アイスフォールの上も行くようなことはあるのか。日本山岳協会の関係者は、取材に対し、こう説明した。

「タレントの方は、そんな危険なところには行きませんよ。ベースキャンプ周辺で撮影するほか、6000メートル付近ならアイランドピークと呼ばれるところまでしか登らないと思います。スタッフは、もう何度かロケハンに行って現地を確かめてきています」

   アイランドピークは、トレッキングのコースになっており、比較的安全な場所らしい。

   ただ、そんなところであっても、油断は禁物のようだ。日本勤労者山岳連盟の事務局長は、こう言う。

「昨年10月にネパールのヒマラヤ山脈で、急激な天候変化と雪崩が起きて、トレッキング中の登山者が40人以上亡くなったこともありました。登山シーズンの3月とはいえ、5000メートルにもなれば、季節外れの雪が降ることもあります。比較的安全とはいっても、やはり不可抗力のリスクはあるでしょうね」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中