山本聖子は妊娠4か月 ダルビッシュが「6か月」報道に指摘

印刷

   米大リーグ・レンジャーズのダルビッシュ有投手(28)が2015年2月24日未明、交際中の女子レスリング元世界王者・山本聖子さん(34)の妊娠月数について一部メディアが報じた内容に誤りがあったとツイッターで指摘した。

   ダルビッシュ投手は22日のブログで、山本さんが妊娠したことを報告。「安定期に入った」と説明したが、具体的な妊娠月数については明かしていなかった。24日のツイートでは、関係者の話として「現在妊娠6か月以上経過」と伝えた23日配信のスポニチ記事のリンクを示し「×妊娠6ヶ月以上→○妊娠4ヶ月」とした。さらに「ちゃんと裏付け取ってからお願いします」と付け加えた。

   山本さんは14年9月にハンドボール日本代表の永島英明さん(37)離婚している。そのためネット上では「離婚後300日以内に生まれた子は前夫の子と推定されるため、戸籍上、血縁上の父を父として出生届を提出しても受理されない」という民法の規定に触れる可能性を指摘する声が相次いでいた。現在4か月であれば出産は8月ごろになる見込みで、該当する可能性は低くなるとみられる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中