「顔面崩壊」重傷の女子レスラー、ブログで熱いメッセージ ファン「闘志を失わない姿に心揺さぶられました」

印刷

   女子プロレス団体・スターダムが2015年2月22日に後楽園ホール(東京都文京区)で実施した試合「QUEEN's SHOUT2015~女王たちの叫び~」は、世IV虎(よしこ)選手(21)が安川惡斗(あくと)選手(28)を「顔面崩壊」させる凄惨な展開となった。

   安川選手は23日、重傷を負いながらも「母の代筆」という形でブログを更新、その内容に多くの人が心打たれた。

「やられてもやられても必ず起き上がる雑草だからな!」

   試合では世IV虎選手が安川選手に「けんかマッチ」を仕掛けた。各種報道によると、開始直後からお互いがノーガードで殴り合う展開となり、徐々にヒートアップ。

   馬乗りとなった世IV虎選手に掌底打ちを見舞われた安川選手は、右目を腫らして泣き叫んだという。見かねたレフェリーがセコンドにタオル投入を促して試合は中止、安川選手は都内の病院へ緊急搬送されたという。

   同団体のロッシー小川代表は22日、団体のホームページ上に謝罪文を公開し、「(安川選手は)眼の腫れがひどく明日、再検査という事態」と明かした。

   一方の安川選手は23日のブログ記事で「てめーら、何度も言うが私のハートは折れてない!私は何度でも立ち上がるやられてもやられても必ず起き上がる雑草だからな!」と気丈に振る舞った。

   冒頭、両目が塞がって何も見えないと明かしながらも、ファンに「もう、大丈夫だ!ってそれだけはどうしても伝えたい」と語った。同時に「あんな試合を見せてしまって本当に申し訳ありませんでした」と謝罪、「プロレスを見せたかった」と悔いた。

   スターダムへの気遣いも見せ、「スターダムは本来、若手含めてフレッシュで、所属してる選手達は本当に努力家で誰もが明日に向かって輝いてる」「どうか、昨日の試合で、メインだけの感想でスターダム全体を悪く思わないで下さい」と呼びかけている。

   そして、ブログの最後で「見えるようになったらまた元気な姿見せてスターダムかき乱してやるからな!だからてめーら待ってろよ!」と復活を誓った。

「あの状況でも闘志を失わない姿に心を揺さぶられました」

   コメント欄には、

「自分のことよりも周りの人間のことを心配して...惡斗っていいヤツだな」
「本当にあなたって人は...自分の事より、他人を思いやる心...だから、俺は大好きなんだ」
「あの状況でも闘志を失わない姿に心を揺さぶられました」

などファンのみならず、安川選手の名を知らなかったと語る人からも続々と応援のメッセージが寄せられた。

   一方、23日に今回の結果を謝罪したスターダムの公式ツイッターアカウントには、

「本当に胸糞悪いです。業界の恥です」
「雇用者の制御ができないような組織は解散しろ」

といった厳しい声が相次いでいる。

   23日付けデイリースポーツ電子版の報道によると、安川選手は頬骨、鼻骨だけでなく両目眼窩(か)底も骨折している可能性があり、「手術が必要」という。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中