「顔面崩壊」女子レスラーを表紙でバーン! そんな雑誌めぐりネットで激しい場外乱闘

印刷

   女子プロレス団体スターダムの大会で繰り広げられた凄惨な「ケンカマッチ」が波紋を広げる中、2015年2月25日に首都圏などで発売されたプロレス雑誌「週刊プロレス」(週プロ)の表紙がファンの間で物議を醸している。

   表紙に写っているのは、世IV虎(よしこ)選手から執ように殴られ、「顔面崩壊」と話題になった、安川悪斗(あくと)選手の痛ましい姿だ。

「選手への愛を感じません」「全く理解が出来ない」

棚橋選手もツイッターで問題視(画像はツイートのスクリーンショット)
棚橋選手もツイッターで問題視(画像はツイートのスクリーンショット)

   22日に行われた東京・後楽園ホール大会で、王者・世IV虎選手に挑んだ悪斗選手は顔面を執ように殴られ、ついには戦闘不能状態に。見かねたレフェリーがセコンドにタオル投入を促し、TKO決着となった。悪斗選手は鼻から大量に出血していたほか、顔が変形するほど右目付近を腫らしており、病院に緊急搬送された。

   そうした中、試合時の悪斗選手の写真を表紙にした週プロ最新号が発売された。写真は鼻血の応急処置をしたインターバル時のワンカットとみられ、この時点では目立った顔の変形は見受けられない。それでも鼻や口元が血で赤く染まり、涙目でレフリーの方を見上げる姿は、異様な雰囲気を伝えるには十分なものだ。

   写真の上には、巻頭特集のタイトル「スターダムの悲劇」が大きく印字されている。特集記事は佐藤正行編集長が執筆。「リングは私怨をぶつける場ではない」とし、異常事態が起きた背景やスターダムの文化を解説しながら、世IV虎選手の反省点やスターダムの今後の行く末について言及した。

   ところが発売に先がけて表紙が公開されると、プロレスファンからは批判的な声が相次いだ。公式フェイスブックにも

「傷ついた選手を晒し者にするのが週プロのやり方か?」「必死に世Ⅳ虎に食らいつく悪斗の写真ならわかりますが この写真セレクトは全く理解が出来ない」「インパクト狙いで、選手への愛を感じません」

などと厳しい意見が寄せられている。

棚橋選手「何がしたいんだ」

   新日本プロレスの棚橋弘至選手も24日、ツイッターで「今週の週刊プロレスの表紙...あれはない。表紙になった選手も本意じゃないだろうし。いいこと1つもない」と表紙に言及。週刊プロはコンビニにも駅にも置かれる「プロレス」と「世間」をつなぐ入口のひとつだとして、「それを自ら塞ぐ愚行。何がしたいんだ」と問題視した。

   同じく新日本プロレスの邪道選手も24日、ツイッターで「今週の週刊プロレスはあれだな!クソだな!」「あんな表紙の週刊プロレスなんて誰が楽しくて買うんだよ!クソ以外何でもねーな!」と不快感を示した。

   ツイッターの一部反応では、悪斗選手の目が闘志を失っていない場面を捉えている、と評価する声もあった。

   表紙に今回の写真を使用した理由について週刊プロ編集部に問い合わせたが、「表紙と誌面にあるものが全てです」と回答するのみだった。

   ちなみに東京スポーツWeb版は、週プロの表紙よりもショッキングな写真を23日配信記事に掲載している。「顔面崩壊」という強烈な見出しと相まって大きな注目を集めたが、Yahoo!ニュース配信記事の画像は25日18時点で別のものに差し替えられている。

   スターダムは25日、都内で会見を開いた。複数の報道によると、世IV虎選手には「無期限出場停止処分」と「ワールド・オブ・スターダム王座のはく奪」を下したことが発表されたという。またTKO勝ちとなった裁定も無効試合に変更されたそうだ。なお、入院中の悪斗選手は、頬、鼻、左眼窩(か)底の骨折および両目の網膜しんとう症との診断が下されたという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中