40分で15万円をぼったくり 歌舞伎町のキャバクラ店を摘発

印刷

   東京・新宿歌舞伎町のキャバクラ店が客に40分で約15万円の支払いを強要しようとしたとして、警視庁は2015年2月25日、経営者の男(34)と従業員の少年(18)を都ぼったくり防止条例違反などの容疑で逮捕した。

   2人は2月21日、男性客(35)に対しホステスがワインを26杯飲んだなどとする請求書を渡し、客が拒否すると執拗に付きまとった疑いが持たれている。調べに対し、経営者は容疑を否認し、少年は認めているという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中