「じぇじぇじぇ」、「海女さん3人」の仲間内の言葉だった クドカンが明かす

印刷

   脚本家の宮藤官九郎さん(44)が、2013年にヒットしたNHK連続テレビ小説「あまちゃん」の秘話を明かした。宮藤さんは15年2月25日、トーク番組「TOKIOカケル」(フジテレビ系)に出演し、13年の流行語大賞を受賞した「じぇじぇじぇ」について話している。

   番組冒頭、TOKIOの国分太一さんが、岩手県民から「『じぇじぇじぇ』なんて、そんなに言わないよ」との声が出ていると紹介。それに対し、宮藤さんはドラマの舞台(久慈市小袖地区)の海女たちが、仲間内だけで使っていたフレーズだと説明した。当時、小袖地区の現役海女は3人だけで、「その3人が使ってた言葉」という。なお宮藤さんは番組中盤、岩手内陸部だと「じゃじゃじゃ」の方が一般的だとも説明した。

   ツイッターでは「こういう言葉を拾うところもさすがだな」といったものから、「じぇじぇじぇは盛岡ならじゃじゃじゃ、気仙ならばばば」などと補足するつぶやきも出ている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中