「人間がやることではない」残虐な犯行 川崎中1殺害、少年の動機は何だったのか

印刷

   川崎市立中学1年の上村遼太さん(13)が刺殺体で見つかった事件は、週刊誌やネット上などで取り上げられたリーダー格の少年(18)ら3人が殺人の疑いで逮捕された。残虐さが際立つ事件の背景には、何があったのだろうか。

   リーダー格少年が2015年2月27日朝に警察に出頭したときのことは、テレビでなどでも報じられた。ネット上では、その様子が話題になった。

首に致命傷となる大きな切り傷は、頸動脈まで達していた

   報道陣に囲まれた家の正面玄関から出て、足早に歩いてタクシーに乗り込む。大きなマスクをしていたものの、周囲を気にする素振りはなかった。父親が依頼したという弁護士が付き添っているのも、異例だった。

   この少年は、取り調べに対し、「何も言いたくありません」と供述しているという。また、「事件のあった時間は自宅にいた」と容疑を否認しているという報道もある。逮捕されたほかの17歳少年2人は、「近くにいただけ」などと否認しているという。真相の解明は捜査の進展を待つしかないが、報じられる殺害現場の様子は凄惨極まるものだった。

   多摩川河川敷で20日未明に遺体で見つかった上村さんは、顔や腕に切り傷があったほか、首に致命傷となる大きな切り傷が複数か所あった。その深さは、頸動脈まで達していたといい、死因は出血性ショックと分かった。ケーブルなどを束ねる結束バンドも付近から見つかり、手に防御創がなかったため、手を縛られるなどしたとみられている。さらに、ひざに新しいアザがあったことから、ひざまずかされたうえで殺されたとの見方もあった。

   こうした惨状に、「人間がやることではない」と捜査幹部が漏らしたとも報じられている。関連はまったく分からないが、週刊誌などでは、過激派組織「イスラム国」の処刑をマネしたのではといった見方すら出ているほどだ。

   報道などによると、上村さんは14年11月ごろから、リーダー格少年らの8人グループと付き合い出した。コンビニで万引きするよう命じられて断ったことから3人に日常的に暴力を振るわれるようになり、15年1月の中ごろには、左目に殴られたとみられる黒く大きなアザがあるのを友人から写真に撮られている。

「ひどいことをするようには見えない」との声も

   上村遼太さんが命の危険まで考えるようになったのは、あるトラブルがきっかけだったという。

   2月の中ごろに、上村さんの友達が上村さんのアザを知り、リーダー格少年が殴ったとして家に押しかけ、家族から警察まで呼ばれる騒ぎになった。これに対し、上村さんに口封じをしていた少年が怒って、さらに上村さんに暴力を振るうようになった。上村さんは、14日に「ヤバイ、殺されるかもしれない」と友人の1人に携帯でメッセージを送っていたというのだ。

   詳しい事実関係はわかっていないが、上村さんが追い詰められていたことはあるらしい。

   リーダー格少年は、定時制高校に進学したものの、ほとんど行かずに、グループと行動を共にしていたようだ。毎日新聞の記事によると、少年の自宅には、仲間がオートバイや自転車で集まり、たばこを吸いながら話す姿が近所の人に目撃されていたという。また、近所の飼い猫に危害を加えてトラブルになったり、自宅前で若い男性に植木鉢を投げつけたりしたこともあったという。

   一方で、「そこまでひどいことをするようには見えなかった。信じたくない」と話す近所の人もいるといい、その人物像についてはまだよく分かっていない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中