「美術手帖」の老舗出版社、民事再生法の適用を申請

印刷

   美術関係専門の老舗出版社である美術出版社(東京都千代田区)の経営が破たんした。同社と関連会社の美術出版ネットワークスが、2015年3月4日に東京地方裁判所へ民事再生法の適用を申請。帝国データバンクによると、負債額は美術出版社が約19億5000万円、美術出版ネットワークスが約6億7000万円で、合計で約26億2000万円にのぼる。

   美術出版社は1905年(明治38年)の創業。美術、デザイン、建築物など芸術分野に関する雑誌や書籍の出版を手がけていた。看板の月刊誌「美術手帖」をはじめ「美学」や、書籍「カラー版西洋美術史」「カラー版日本美術史」などの画集作品集、美術選書、芸術史、辞典なども扱っていた。

   年間30~40点の新刊を発刊。2014年3月期の売上高は約12億800万円を計上していた。ただ、出版不況もあって、以前から多額の負債を抱えていたうえ、出版事業の売り上げが落ち込み、資金繰りが苦しくなっていた。

   美術出版ネットワークスは、アプリケーションやウェブサイトの受託開発を主体に、スマートフォン・携帯電話向けコンテンツ開発・配信を手がけていた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中