古閑美保「女性アスリートは性欲が強い」 闘争心剥き出しで男性ホルモン増えるから?

印刷

   元女子プロゴルファーの古閑美保さん(32)がテレビ番組で「女性アスリートは性欲が強い」と発言した。相手を倒そうとする闘争心は体内の男性ホルモンに由来し、その男性ホルモンが性欲につながる、と説明した。もちろん男性アスリートも同じ理由で性欲が強いのだそうだ。

   英雄色を好むというか、確かにトップアスリートの性豪ぶりがニュースになることがあり、思わず納得しそうになってしまうが、本当のところはどうなのか。

性行為によってホルモンのバランスを整えたりする

「トップのトップは男女の遊びもうまくやる」(画像はイメージ)
「トップのトップは男女の遊びもうまくやる」(画像はイメージ)

   古閑さんが出演したのは2015年3月7日放送のフジテレビ系バラエティ番組「ミレニアムズ」。全員に当てはまるとは言えないが、女性アスリートの性欲が強い理由は理論的に説明できる、とした。女性が戦うというのは男性ホルモンが影響していて、闘争心を出すと男性ホルモンも増える。そしてそれは性欲に繋がる。

「だって戦っているんですから。闘争心、バリバリ出していますから」

もっとも、女性は理性があるから性欲を止められるが、男性は止められない、などと持論を展開した。

   14年12月2日放送の日本テレビ系トーク番組「今夜くらべてみました」では古閑さんはもっと詳しく語っている。普通の女性よりも女性アスリートの性欲が強いのは間違いないそうだ。女性にはもともと闘争心はなく、その闘争心は体内で分泌される男性ホルモンに由来している。また、ゴルフの場合はメンタルなスポーツのためホルモンバランスが崩れ、生理不順になったり、体に発疹ができたりする。それを、

「そういう行為(性行為)によって(ホルモンバランスを)整えたりする。本当のトップのトップは男女の遊びもうまくやる。体のコントロールはちゃんとする」

などと説明していた。

大脳皮質が発達し教育や、自身の学習によって欲望が支配される

   古閑さんの話だけでは闘争心と男性ホルモン、性欲の関係がよく分からないが、おそらく男性ホルモンの「テストステロン」について語っているようだ。性欲に関係するホルモンとされ、男性だけでなく女性も体内で分泌される。これが多ければ多いほど性欲が強くなり、筋トレといったスポーツや興奮(争い事)によって分泌が促される、といった説明もある。「テストステロン値を高めてモテモテに」といった紹介記事もある。

   本当に女性アスリートの性欲が強いのは男性ホルモンによるものなのだろうか。都内の専門医師が匿名を条件に答えてくれた。テストステロン値の高い男性は性欲が高いとよくいわれるが、

「ホルモンと性欲というのは実はそれほど結びついてはいないんですよ。古閑さんは少し勘違いなされているのではないでしょうか」

といい、否定的だった。動物ではホルモンが生殖腺の働きを支配しているが、人間は大脳皮質が発達しているためホルモンの影響ではなく教育や、自身の学習によって欲望が支配されているからだという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中