「SIMフリー版」iPhone 6「販売停止」続行中のナゾ 中国への転売を問題視しているからなのか

印刷

   アップルがiPhoneシリーズやiPodシリーズなどの製品価格を改定した。公式アナウンスは特にないようだが、オンラインストアでは2015年3月10日より改定後の価格が表示されるようになり、国内の各ストアでも10日から同価格で販売しているという。

   改定対象には、2014年12月から国内販売が停止しているSIMロックフリー版の「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」も含まれていて、いずれも1万1000円分値上げされている。しかし、注文は相変わらず出来ないままだ。

オンラインストアは「注文できません」のメッセージ

オンラインストアでは新価格が表示されている
オンラインストアでは新価格が表示されている

   2014年9月に新型iPhoneとしてデビューした「iPhone 6」「6 Plus」は、発売時点から「SIMフリー版」を選べることが話題になった。ところが、発売からわずか3か月ほどで国内での購入ができなくなってしまった。

   インターネット上ではいくつかの憶測が流れた。そのうち有力視されたものの一つが「円安値上げ説」だった。アップルは為替レートの変動に応じて製品価格を改定することが珍しくなく、14年11月にも両製品の価格を値上げしていた。円安が急速に進んでいることから、一度販売を停止して再値上げの準備をしているのではないか、との見方が強まっていた。

   そして販売停止から約3か月後に実施された今回の値上げ。10日時点でアメリカでの販売価格が変更されていないことなどから、円安による調整とみられる。価格は6の16GBが8万6800円、64GBが9万8800円、128GBが11万800円。6 Plusの16GBが9万8800円、64GBが11万800円、128GBが12万2800円。(いずれも税別)。それぞれ従来価格から1万1000円アップしている。

   しかし、オンラインストアで「iPhone 6」「6 Plus」の購入ページを開くと、出荷予定日の欄は依然「注文できません」のメッセージのままだ。販売停止が「値上げ準備」によるものであったなら、改定と同時に販売がスタートしてもよさそうなものだが、タイミングにずれがあるのだろうか。

ストア「販売再開時期は分からない」

   販売停止の理由について、アップル・ジャパンは12月当時「コメントは控えたい」と回答しており、現在まで明らかにしていない。10日、改めて広報部にコメントを求めたが、本日中に回答を得ることはできなかった。なお、アップルストアのスタッフに聞いたところ、値上げの理由は知らされておらず、SIMフリー版の販売再開時期についても分からないとのことだった。

   一方で「円安値上げ説」以外の見方もある。iPhoneを扱っている大手キャリアの関係者は「アップルはオフィシャルでは言っていないようだが、弊社内では『中国への転売を問題視している』と聞いている」と話す。9月の発売時には円安傾向も手伝い、日本のSIMフリー版を求める外国人が少なくなかった。中でも転売目的の中国人客が押し寄せたことは注目を集めた。

「アップルはブランディングを非常に大切にする会社だから、転売によって中国のマーケットに出て行ってしまうのはあまり好ましくないのだろう」(前出の大手キャリア関係者)

   とはいえ、これらの説はいずれも憶測にすぎず、販売停止の謎は深まるばかりだ。それでも当初から購入を検討していた人にとっては、1万1000円のアップは痛手だろう。改定を受け、ネットには「64Gが10万以上って販売再開してももう買えない」という悲鳴や、「いっそのこと、SONYにいこうかな」と浮気を考える人の声も上がっている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中