中一殺人、やり取りはすべてLINE 「密室」の中で事態は急速に悪化していった

印刷

   川崎市の中学1年、上村遼太さんが亡くなった事件で目に付くのは、無料通話アプリ「LINE」での少年たちのやり取りだ。

   学校や保護者、警察など大人の目が届かない、いわば「密室」ともいえる空間で事態は急速に悪化していった。

少年らはLINEでひんぱんに連絡

事件当日もLINEでやり取りしていた
事件当日もLINEでやり取りしていた

   「殺されるかもしれない」。上村さんは2015年になってから同級生にLINEでメッセージを送り、暴行を受けていることなど、自身のトラブルについて相談していた。すでに上村さんの顔には殴られてできた大きなあざがあり、友人らの心配に対し、グループを抜けたがっていることも明かしていたという。

   今となれば、上村さんが助けを求めていたとも言えるメッセージだが、LINEに書き込まれた内容は結果として周囲の大人に届いていなかった。

   これ以前から上村さんや容疑者らは頻繁にLINEでやり取りを行っていた。事件当日一緒にいたのも、上村さんから容疑者の1人に「遊びましょう」と声をかけたことがきっかけだ。また、容疑者の1人は事件発覚の翌日「もう俺のせいだよ」「もう会えないと思うとめっちゃ悲しいよ」などと心情を吐露していたとされる。

   LINEには許可されたメンバーだけがグループ内でやり取りができる機能がある。上村さんが18歳少年を含まないグループを別に作って連絡を取っていたことが、少年を怒らせた可能性があると毎日新聞は報じている。

ネットのたまり場は時代ごとに変化している

   LINEが舞台になった例としては、13年6月に広島県呉市で起きた女子生徒殺害事件がある。LINEのグループチャットでのトラブルがきっかけで、容疑者の少女は女子生徒を暴行、殺害した。また、LINEで中傷したり仲間外れにしたりするいじめも問題になっている。

   ITジャーナリストの井上トシユキさんは、

「中高生がLINEを使うのはもはや当たり前。グループチャットは普段、自分たちが集まるたまり場のような感覚になっている」

と指摘する。

   ただ、ネットにこうした空間ができたのは初めてではない。04年に長崎県で起きた小6女児同級生殺害事件を例に挙げ、

「この事件もプロフィールサイトでのトラブルがきっかけで起きています。子どもたちの密室とも言えるネットのたまり場は、初期の2ちゃんねるやチャットアプリ、プロフサイトなど時代ごとに移行している」

と語る。

   これまでもネットを舞台とした事件が起きるたびに、使用制限など何らかの規制の必要性が訴えられてきた。今回の事件でも生徒のスマホやLINE使用について各地で見直しやチェック機能の強化の動きがあると報じられている。しかし井上さんは、

「生徒にスマホ使うな、LINE使うなといっても効果は薄いでしょう。権力がネットをチェックすると、検閲やプライバシーの侵害だとして違う問題も出てくる。まずは、いじめや事件につながるようなモラルの問題を生徒が考えるようにしないと解決につながらない」

と効果に懐疑的だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中