「無免許運転」ネット公開男が悲鳴 逮捕後に起こした「新しい騒動」

印刷

   動画配信サイトで無免許運転している様子を配信したとして、兵庫県三木市の無職の男(32)が道交法違反の疑いで逮捕された。

   男は自称「ネットタレント」で、生放送は最大で1万2000人を集めたことがあるという、ちょっとした有名人だった。男は、釈放されたその日に生放送を再開し、謝罪と反省の弁を述べたのだが、「ネットの有名人だから事件にされた」などと恨み節も披露。罰金の30万円を払わなければ、「再び逮捕される」として「助けてほしい」などと呼びかけたため、ネットでは「今度は乞食行為で逮捕されるぞ!」などといった注意が出た。

「報道ステーション」「NEWS ZERO」まで詳しく報道

   男は、動画配信サイト「ツイキャス」で生放送を行っているネットではちょっとした有名人で、2015年1月25日には浜松市で自動車の運転をして見せた。しかし、男は運転免許を持っていなかったため、視聴者は警察に通報した。男が逮捕されたのは15年3月8日で、イベントに出場するために大阪を訪れ、会場に向かうまでの生放送中に警察に逮捕された。その逮捕の様子も動画として残っている。男は何が起こったのか分からない様子だったが、「浜松」と聞いてピンときたようで、大人しくなり手錠を掛けられパトカーに乗せられた。

   自称「ネットタレント」が自身の生放送中に逮捕されるという出来事が珍しいからか、3月9日、10日にはテレビ朝日系「報道ステーション」や、日本テレビ系「NEWS ZERO」といったニュース番組がこぞって取り上げることになった。男を知るネットユーザーからは、

「全国デビューじゃねえか!!!」

などといった声も挙がった。

   この男はどんな人物なのか。まとめサイトなどに書かれているプロフィールを見ると、高校中退後に芸能界をめざしオーディションを受けたり、アイドルグループに参加したりしていたが、芽が出なかった。02年頃のホームページには、

「僕は芸能の仕事もやりながらスカウトマンの仕事もして頑張っています」

などと書いていて、芸能活動としてはエキストラやヘアメークショーなどマルチタレント「大原誠治」の名前で出演していた。転機が訪れたのは11年のアイドルグループ脱退後で、それからはソロ活動に専念することになる。活動の主なものは、路上ライブやアマチュアイベントなどでのダンスの披露。そして生放送主としての活動だ。収入源としてはアイドルとしての自分の写真やグッズなどの販売、「なんでも屋っちょ」という商売では最低1万円から仕事を受け付けた。

「ツイキャスやニコ生にてネット放送しながらシンヤッチョが皆さんからの依頼に全力で答えます」

と宣伝し、主に女性とのデートが多いようだ。また「やっちょきん」というのも開設し、自分を応援してくれる人からの寄付を募っている。

「30万円ちょうだい!くれ!とは言えないけれど、助けてほしい」

   男は15年3月8日に逮捕され10日に釈放されると、早速生放送を開始した。逮捕されたせいなのかいつもの「ツイキャス」は使用が不可能となり、「ニコニコ動画」を使った生放送となった。男はファンや視聴者を騒がせてしまったことに謝罪し、これから全国をお詫びのために回ると話し、二度と留置所には入りたくないし、法に触れることは絶対にしないと宣言した。毎日「ニコニコ動画」で生放送を行うとも話した。一方で、今回の逮捕に関する恨み節も忘れなかった。自分が悪い事をしたのは十分承知しているが、浜松で無免許運転したのはネタであり、わずか1、2分の出来事だとし、

「ネットの有名人ということで、たぶん、反響が凄かったから、通報もすごかったから、それで事件にされた。逮捕状が出た」

   全国ニュースになっているのを見て、なぜこんな大事になっているのか不思議であり、浜松での取り調べでも警察は「こんなことで事件になるんか?」と笑っていた、などと打ち明けた。そして、

「お前らが通報するからこんな大事になったんだ!」

とカメラに向かって吠えた。警察署を出る時には仲間が集まってくれてありがたかったし、ネット上でも自分を心配したり応援してくれる人が多く驚いた、とも。

   罰金話になると、15年3月24日までに30万円を納めなければならない。そうしなければ再び「留置場送り」になるとして、1日5000円換算で30万円貯まるまで60日間働かされると明かした。労役場留置の話をしているようだ。

「30万円掻き集めるしかない。強制はしないし俺からちょうだい!くれ!とは言えないけれど、助けてほしい」

などと訴えた。この時視聴者から、

「乞食行為で逮捕されるぞ!」

などといったコメントが多く寄せられていた。

   今後の「芸能活動」については、犯罪者になってしまったわけだからアウトローな感じで頑張るしかない、とも。無名のままで終わるくらいなら、ここまで全国ニュースになり顔や名前が知られた訳だから、ピンチをチャンスに変えたい、などとも話していた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中