マツコ解説に「納得」VS「大反発」 現代ソロ・アイドル不作論

印刷

   マツコ・デラックスさんのアイドル論に賛否両論だ。今の芸能界はアイドルグループばかりが目立っているが、ソロで活躍するトップアイドルがなぜ見当たらないかについて、昔のアイドルは「日本一の歌手になる」などの目標の過程でアイドルとして扱われたが、今のアイドルはアイドルになることを目標にしている。

   また、1人でアイドルを背負う覚悟もないから、グループから独立するとパワーダウンするし、さらに「出がらし状態」になっているため、独立しても飛躍は無理だろうと話した。

セーラー服もどきの衣装を着てヒラヒラやっている

マツコさんが語る「アイドルを生むシステム」とは(画像はイメージ)
マツコさんが語る「現代のアイドルを生むシステム」(画像はイメージ)

   マツコさんがアイドル論を語ったのは2015年3月11日放送のテレビ朝日系「マツコ&有吉の怒り新党」。現在のアイドルといえば「AKB48」や「ももいろクローバーZ」といったグループばかりが目立ち、1970、80年代に活躍した松田聖子さんや中森明菜さんのようなソロで活躍するスーパースターがいないのはなぜか、という質問に対し、こんな回答を示した。昔はアイドルを作ろうと思って作っていたわけではなく、若い歌手がデビューをして大人になっていく過程をファンがアイドルとして楽しんでいた。若い歌手は日本一の歌手になりたい、とか、東京で一旗上げたいという目標で挑んでいたが、今の若い人たちは最初から偶像化されたアイドルになることを目指し、アイドルグループに入りたいと思っている。その差が大きい、というわけだ。

   グループで活動し芸能人として成長した後に、独立しスーパースターになれる可能性についてもマツコさんは否定的だった。中森明菜さんが「ミ・アモーレ」と「DESIRE」で2年連続で日本レコード大賞を受賞したのは19歳と20歳の時。

「今は19、20歳になってもセーラー服もどきの衣装を着て、ヒラヒラやっているわけじゃん。25歳でグループを脱退したといっても、あの時の明菜ちゃんから5年経っているわけで、25歳で出がらしになった女が、今から頑張って出来るかといっても、無理」

とした。そして「あのシステム」からは聖子さん、明菜さんクラスは出てこない、とも。

ファンが激怒「時代はグループなんだよ。一体感」

   また、ソロのアイドルは15、16歳くらいにデビューしなければダメだと思うし、グループに入らずソロでやることを決意するには覚悟がいる、とも説明した。

「覚悟もないんじゃない?アイドルを一人で背負うには凄い覚悟がいる。集団でいるとそこは、なんとなくごまかせる」

と痛烈な一言を放った。

   このマツコさんのアイドル論はネットで大きな話題になっていて、マツコさんの言うことはその通りであり、寄らば大樹の陰のようにグループは仲良しごっこを見せているようなものであり、芸能界でのし上っていこうとする覚悟が足りないと感じたり、「そろそろ学芸会にも飽きてきた」などと感想を漏らしたりする人もいる。一方、アイドルグループを今も応援しているファンとしては納得がいかないようで、

「中森明菜が(今)デビューしても売れるわけねーだろ。時代はグループなんだよ。一体感」
「80年代アイドルこそ仕組まれた存在だよね」
「今の時代に中森明菜のような人間がいないのではなく、今の時代がそんな人間を求めていないだけ」

などといった意見が掲示板などに出ている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中