華原朋美、新シングルで小室哲哉と16年半ぶりタッグ

印刷

   歌手の華原朋美さん(40)が2015年5月20日発売のニューシングル「はじまりのうたが聴こえる」で、元恋人で音楽プロデューサーの小室哲哉さん(56)と約16年半ぶりにタッグを組むことが3月17日、発表された。

   「はじまりのうたが聴こえる」は、06年の「あのさよならにさよならを」以来、約9年ぶりとなるオリジナルシングル。華原さんはデビュー20周年の大きな節目を迎えるにあたり、「シンガーとしての自分の原点に立ち返るべく、華原朋美を生み出した小室さんの楽曲で、今の自分にしか歌えないメッセージを届けたい」との思いから、小室さんに楽曲制作を依頼したという。作詞は華原さん本人が担当している。

   華原さんは小室さんのプロデュースで「I'm proud」「I BELIEVE」などのヒット曲を連発したが、破局後は休養と復帰を繰り返し、07年には所属事務所を解雇された。12年に活動を再開。13年の「FNS歌謡祭」(フジテレビ系)では小室さんと共演を果たした。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中