百田氏「変態」ツイートを削除 それでも「炎上」止まらない理由

印刷

   作家の百田尚樹氏の「奔放」ツイートが、次々と話題になっている。先日の下ネタ投稿に続き、今度は「同性とセックスしたいという願望を持つのは自由だと思うが、そういう人たちを変態と思うのも自由だと思う」とつぶやき(すでに削除)、批判も招いた。

   かねてから百田氏はツイッターで持論を展開し、注目を集めていたが、NHK経営委員退任後は、さらに発信の自由度が増している観もある。

過去には民主党議員の削除を批判していたが・・・

   百田氏が2015年3月15日に上記ツイートを投稿したところ、さまざまな反応が広がった。「もっともなご意見だったと思います」と賛同もあったが、

「思うのは自由かもしれないけど、公言するのはさすがにまずい」
「生来の性質や体質によって差別を受ける苦痛への想像力が足りないだろうと思う」

と、反発する声が広がった。

   批判を受けてか、百田氏は17日に

「昨日つぶやいた同性愛うんぬんのツィートは、思慮の欠いたツィートでした。削除します(原文ママ)」

と投稿し、15日の上記ツイートを削除した。

   これで反発の声は沈静化するかと思いきや、今度は「ツイート削除」を批判していた百田氏の過去のつぶやきがやり玉に挙がった。

   民主党の小西洋之参議員が、自転車の飲酒運転をしたと読み取れるツイート(2010年11月)を、後に削除したことに対して、百田氏は14年3月20日、

「『削除して証拠を消そう』という精神が貧しいし、悲しいね。男じゃない」

と投稿していたのだ。

   今回の百田氏によるツイート削除を受け、ツイッターでは、

「削除するだけでなく謝罪するべきでは?」
「自分はサッサと削除して無かった事にしようとする精神が腹立ちます」

などと、批判はなかなか収まりそうにない。

「NHK経営委員を辞めたからはっきり言う」

   百田氏をめぐっては、今回の「変態」ツイートの前にも、3月3日には、

「『アメリカ人が大嫌い』と言っても何にも言われないのに、『韓国人が大嫌い!』と言ったら、途端にレイシストだと言われるのはなぜだ」

と問題提起し、賛否両論を巻き起こした。

   また、10日には、

「昨日、一日でへんずりを10回連続した。10代並みのパワー!衰え知らずの回復力!(原文ママ)」

と、自慰行為に関わる下ネタを披露して話題を集めた。

   やはり自身でも、2月末の任期切れに伴うNHK経営委員退任が念頭にあるのか、3月4日には、

「NHK経営委員を辞めたからはっきり言う。経営委員の中に、毎日新聞社のスパイみたいなのがいた」

とつぶやいていた。百田氏による「はっきり」した物言いは、まだしばらくは続きそうな勢いだ

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中