「イスラム国」の脅威が広がってきた 比較的安全とされたチュニジアでもテロ

印刷

   日本人3人が死亡するなどしたテロが起きた北アフリカのチュニジアは、観光クルーズのルートとして人気だった。しかし、過激派組織「イスラム国」と事件が関係する可能性が報じられており、その影響を懸念する声も出ている。

   チュニジアは、中東・北アフリカ地域では比較的治安がよいとされ、首都チュニスやその近郊は、外務省の渡航情報では、最も危険度が低い「十分注意」のレベルだった。

  • 最も危険度が低かったが…
    最も危険度が低かったが…

外務省は、渡航情報の危険度を1段階上げる

   ところが、首都の中心部にあり、「チュニジアのルーブル」と観光客に人気の国立バルドー博物館で2015年3月18日、武装集団による大規模テロが起きてしまった。

   報道によると、事件で、外国人観光客ら19人が死亡するなどし、日本人も地中海クルーズに参加していた6人が死傷したことが分かっている。犯人2人は射殺され、ほかに3人が関係していた可能性があるとされている。

   犯行声明はまだ出ていないが、チュニジアの過激派組織「アンサール・アル・シャリア」が数日中に攻撃が起こると事件前日にネット上に音声を上げていた。この組織は、「イスラム国」への支持を表明していることから、関連性も指摘されている。

   事件を受けて、外務省は19日、チュニジア渡航者への注意喚起をサイト上に出し、チュニスについては、渡航情報の危険度を1段階上げて、「渡航の是非検討」とした。そして、不要不急の渡航は控えるよう呼びかけている。

   チュニジアはこれまで、「中東民主化のモデル」だとされていた。11年に独裁政権が倒れる「ジャスミン革命」が起き、民主化運動「アラブの春」が始まったとされているからだ。

   しかし、同時に、混乱に乗じて過激派が活動を活発化させたとも言われている。最近は、中東・北アフリカ地域などで、イスラム国への支持を表明する過激派が増えており、観光地といえども安全と言えるか懸念も出てきた。

今後、海外旅行へのダメージになる恐れが?

   チュニジアは、世界遺産にもなった古代都市国家カルタゴの遺跡で知られ、地中海リゾートが立地していることでも観光客に人気がある。

   日本からの渡航者は、2010年に約1万3000人とピークに達した。ジャスミン革命が起きた11年は、渡航者が約3000人に減ったが、14年には、約6000人にまで回復していた。

   しかし、北アフリカでも人気の観光地で大規模テロが起きたことで、今後、海外旅行へのダメージになる恐れはないのだろうか。

   今回の地中海クルーズで参加を募った「クルーズプラネット」では、ゴールデンウィーク中にもクルーズを企画しており、「事件で航路は変わるのか」と問い合わせが数件来ていることを取材に明らかにした。キャンセルは3月19日夕時点ではないというが、今後については、「影響があるのかどうか、状況を見守っています」と答えた。

   大手旅行会社でも、エイチ・アイ・エスは、取材に対し、中東・北アフリカ方面への旅行キャンセルはまだ出ていないというが、「イスラム国などの影響はゼロではないと思います」と話した。JTBでは、海外旅行は4~6月にかけて14年よりも5%ほど増えているとしたうえで、「大きな影響は確認できていませんが、今後については、もう少し様子を見てみないと分からないです」としている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中