5度目の3.11 「東日本大震災追悼」【宮城・仙台発】

印刷


2011年3月11日 東日本大震災


あの日から4年が経ちました。
5年目を迎える今年、被災地はいま何を考え、何を思うのか。
各地の5度目の3.11を取材しました。


東北はまだ復興の途中。頑張っている途中。
これからも、ともに前へと歩んでいきます。


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

・東日本大震災 仙台市追悼式
 (仙台市若林区文化センター)
・HOPE for project
 (旧 仙台市立荒浜小学校)
・「3.11 みんなのこと わすれないよ~空へ わたしたちがみえていますか~」追悼の集い
 (旧 名取市立閖上中学校)


news_20150320142128.jpg


仙台発ネットテレビ局アリティーヴィー
「とうほく復興カレンダー」

"とうほく復興カレンダー"は、日本そして海外に東北のすばらしさを発信していくサイトです。東北の復興物語をカレンダーに書き加え、前を向いて進む人たち、東北の「これから」を応援します。
■とうほく復興カレンダー http://re-tohoku.jp/
■仙台発ネットテレビ局アリティーヴィー http://www.ari-tv.jp/

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中